FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08








ヴェローナへの旅。ヴェローナ中心街

アグリへ荷物を下し、いざヴェローナへ。
中心街を4時間ほど散策する予定。

ここは、ヴェローナの駐車場。
赤いランプは駐車中のスペース。
緑のランプは空車のスペース。


DSC05889.jpg


塵一つ落ちてなくて、新しくて、最新設備で、
イタリアじゃないみたい。

すご~い。 
変なところに感心する相方とわたし。


駐車場を出てみると、

あ~。 地上に出た途端、現実に引き戻された。
やっぱりこのいい加減な標識の立て方はイタリアだ。


DSC05890.jpg
  

観光客、しばし立ち尽くす。

右へいっても、左へいっても、目的地は一緒なのか。
どっちが近いんだろう。 ビミョウ~。


わたしたちは右へ。
門を通り抜け、目の前に現れたのは、アレーナ!


DSC06020.jpg


昔は闘技場、いまはコンサート会場。
夏期はここで野外オペラフェスティバルが開催されます。

時は移り変わっても、「人を集める」場所ということでは
今も昔も変わらず。

それにしても、よくこんなに良い状態で保ち続けたもんだ。
ヴェローナのピンクの石が、軽量感を与えていて
ローマのコロッセオより重々しくないのもよろし。

ヴェローナと言えば、
ロミオとジュリエットの舞台になった街だけど、
作家のシェークスピアがこの街を訪れたことはなかったということ。

イギリスに住んでいたヴェネツィア人等から話しを聞いて
構想を練ったらしい。

ジュリエットの家や像、お墓まであるが、すべて作り物。 
私たちの観光時間は4時間ほど。
なので、シンプルにスルー。

ブランド店がずらりと並ぶ
via Mazzini(マッツィーニ通り)の行き着く先は、エルベ広場。


DSC05898.jpg


ず~っと前にヴェローナを観光したときは、
まだ、野菜だの、果物だの、チーズだの、
生活に必要な市場で、活気に溢れていたのに、

いまはすっかりお土産屋さんの市場に。
ヴェローナ市が規制できなかったのか、
残念無念。 

気分を変えてシニョーリ広場。
当時のエルバ広場は庶民の広場。

裏手にあるシニョーリ広場は、貴族の広場。
いまでも、シニョーリ広場は豪奢なパラッツォ(建物)に
取り囲まれています。

広場の中央に立つ彫像は、ダンテ・アリギエリ。
フィレンツェの政争に破れ追放されたダンテを
最初に迎え入れたのが、ヴェローナ国だったそう。


DSC05921.jpg


「神曲」の構想か。 
永遠の恋人「ベアトリーチェ」のことか、
それとも、フィレンツェに残してきた家族のことか、

う~ん。と考え込んでいるダンテ。

テクテク歩いて、アディジェ川付近にある、
アナスタジア教会とドゥオーモへ。


DSC05988.jpg


ヴェローナで必見の教会は、本当はサンゼノ教会。
前回見たけど、今回は時間がなくて行けなかった。

4つの教会を見れる教会カードがあり、6ユーロ。
一年間有効なので、来年のVinitalyまで楽しみに取っておこう。

アディジェ川付近には、路地にこんなトラットリアも多し。
いいなあ。 夏は気持ちよさそ。


DSC05936.jpg


これはアディジェ川にかかる橋。
きれいに弧が描かれていて美しい。
きっと、氾濫防止にもなっているんだろうなあ。


DSC06005.jpg


透明度の高い、ブルーリバーのアディジェ川。
マロンリバーのフィレンツェとは大違い。

川面の風景はイタリアというより、ヨーロッパっぽい。


DSC06000.jpg


最後の訪問先は古代劇場。
ここで発掘された古代ローマ時代の遺跡を展示する博物館もあり。
とても良い状態で保存されており、見る価値大。

円形劇場は闘技場。
この半円の劇場は、テアトル。
劇を上演していたところです。

川と中心街をバックにした舞台。夏は気持ちよかっただろうなあ。
古代ローマ人って、都市計画が上手だったんでしょうねえ。


DSC06010.jpg


明日は、本旅のメイン、Vinitaly。
中心街ではプレオープンをしていました。


DSC06021.jpg


高級車が駐車してあり、
招待客のほとんどは、ジャケットにネクタイの正装。

でも、お腹がポコっと出ているあたりが、
ワイン好きで美食家って感じの業界人風情(笑)

私たちは、この日の夜は、アグリからもほど近い、
Valpolicellaのエノテカでお食事しました。

ここ数年連続でガイド・ミシェランの☆印のお店。

アグリのオーナーからも美味しいところを教えてもらい、
中心街へ行く前に、いくつかお店とメニューをチェックしたけど、
やはり、予定通りに、このエノテカで食事をすることに。


DSC05886.jpg


レストラン級なので、写真は控えて撮りませんでした。
どれもこれも、素材が活きている洗練された料理で、
私たちの舌はとても喜んでくれました。

トラットリアも素朴で美味しいですが、
たまには、洗練されたお洒落なところも良いもの。

さて明日はVinitalyです。


[ 2011/04/10 23:00 ] @イタリアの都市 | TB(0) | CM(0)

ヴェローナへの旅。アグリ。

前回のブログを読んでくれた友人知人から
いろいろ連絡をもらいました。ありがとう。

みんながみんな、それぞれにできることを
がんばっているよ。

そんな力が底から湧き出るような、
たくさんの勇気と元気をもらいました。

小さな力が大きな原動力に!
心の再生、現在進行中です。

今回のブログは気持ちを入れ替えて、ヴェローナへの旅。

ローザ姉さんが言っていた。
4月3日がお天気なら、1年間晴れ日が続くのよ。って。

本当にそうなって欲しいなあ。
少なくても、今週はずっと快晴が続いていて、
せっかく新しく買ったスプリングコートも、
いまだ着る機会に恵まれず。
薄手のシャツ1枚で充分です。

そもそも、ヴェローナへの旅は、Vinitalyがあってのこと。
Vinitalyは、イタリア最大のワイン見本市。
今年は相方の都合がどうしても調整できずに、
初日の7日のみ行ってきました。

1日のみのVinitalyなので、朝から晩まで行こう。
ということで、前日にヴェローナ入り。

今回の滞在先はせっかくなので、アマローネで有名な
Valpolicella (ヴァルポリチェッラ)地区のアグリへ。

アグリへのチェックインの鉄則。

道路に電灯のない田舎の一軒家なんてことがザラにあり、
さらには、カーナビがぜんぜん頼りにならないことも普通。
なので、明るいうちにチェックインを済ませておくこと。

今回もやはり、
あっちに行き あれ ?  
こっちに行き、あらら ?


DSC06158.jpg


細い農道に砂埃を舞い上げつつ、
相方と喧々囂々しながら、
モクモクな砂埃の先にやっと見えたアグリ。


DSC05859.jpg


周囲は、葡萄畑。 う~ん いいねえ。


DSC05875.jpg


いつも、新しいアグリへ行くときは期待と不安でドキドキ。
HPがきれいでも、アグリが良いとは限りません。
大切なのは、人とサービスのソフト面。
次に、部屋や設備などのハード面。

ソフト面は滞在してみないと分からない事が多々あり。
まずはハード面をチェック。

ここが私たちの部屋の名前。


DSC05865.jpg


ベッドと対面している窓からは、優しい光が。
眺めはもちろん、葡萄畑。

屋根裏部屋みたいに、天井に梁があり、
床はフローリング。 
木の香りが心を落ち着かせてくれます。


DSC05867.jpg


アグリにはめずらしく、浴槽~っ! うれしいっ!

観光や見本市のときは、足が棒になるくらい歩くから、
浴槽はめちゃ嬉しい。 
浴槽に浸かると、翌日の疲労感がぜんぜん違う。


DSC05868.jpg


浴槽があっても、ため湯式だと、
お湯を溜めているうちに、あっと言う間に水に変わって、
あっても使えない浴槽を恨めしく思うけど、

ここはいくら使っても、熱いお湯がジャバジャバ出て、
とっても気持ちよかったです。

お客さんの半分はドイツ人でした。
どこへ行っても、ドイツ人の行くところは、清潔で機能もバッチリ。
しかも、自然と建物が気持ち良く共存していて、
自然体でいれる雰囲気の気持ちよさ。

今回のアグリは当たりっぽい感じ♪

[ 2011/04/09 20:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

Rinascita*再生

105-542.jpg


季節が移り変わり、すっかり春のフィレンツェ。

枯れ葉を落とした植物達が、暖かい日差しを受けて
毎日少しずつ生まれたばかりの薄い緑色の若芽を伸ばし、

茶色だった土壌には、若草が生い茂げり、
赤・白・黄色の花々が彩りを添えています。

イタリアの報道で、再三耳にするようになった FUKUSHIMA。
日本の報道でも、福島原発。

至る所に FUKUSHIMA や 福島 の言葉が飛び交い、
耳にするたびに、気持ちがズンズンと落ち込んでしまい、

ブログになにを書けば良いのかわからずに、
書いては消し、消しては書いての繰り返しでした。

わたしの日常には、仕事があり、適度の楽しみもあり、
いまのフィレンツェは陽光が輝く日々。

一方で、家はあるのに、いつ帰れるとも知れぬ原発避難の方々や、
地震と津波ですべてを失った人々がいることを思うと、

なにが現実なのか分からなくなってしまいました。

福島原発から10キロ圏内にある、富岡や楢葉町など、
本来なら、海と自然が美しい素敵な町です。
わたしも日本にいた頃は、夏によく行きました。

美しい自然や素朴な人々が住まう町などということは、
原発事故の大きさに負かされて、
原発を作った会社名は人々に忘れ去られても、

福島という名は、歴史上、これからずっと、
原発事故のあったところとして、
世界中の人々の心に残ることでしょう。

とてもやるせなくて、悲しいです。

---------------------------------------------------
ヒットラーに象徴されるような「悪い敵」がいて、
それと戦うという物語は、勝ち負けが重要だった。
相手が宇宙人でも、同じ。

しかし、「自然」というやつと戦うのは
勝ち負けが問題なのじゃなくて、
和平のみを目的にするしかない。

あれだけひどいことをした自然が、
もうじき桜を咲かせる。

(by 糸井 重里)
---------------------------------------------------

これは地震や津波の天災に向けて書かれたことば。

原発が天災とは、わたしには思えないけど、

この言葉と、春の暖かい空気や
元気の出る青空や草花に癒されながら、
自分の気持ちも少しずつ再生して、

日常の時間を過ごしつつも、
被災された方々にも、できるだけ早く、
それぞれの理想の日常が来ることを祈りながら、
長期に渡る支援をしていきたいと思います。

と同時に、フィレンツェ時間を、
時には元気に、時には真面目に、
陽気な笑顔でご案内していきたいです。

次回からは、通常通りよろしくお願いします♪




オリーブの木

DSC00211.jpg

ウフィッツィ美術館裏にあるオリーブの木。
ここでは、1993年5月27日にテロ爆発が起き、
5人の命が奪われました。

ひしゃげたオリーブの木からは、
新しく、緑の葉が生い茂り始めています。

オリーブの葉は、常に常緑であり、
再生、平和、純潔を意味します。

そういえば、ノアの箱船で、水が引いたことを知らせたのも、
白い鳩が運んできた、緑のオリーブの葉。

パンドラの壺では、開封厳禁だった壺を
誘惑に負けてしまったパンドラが開けてしまったがために、
病気、悪意、戦争、嫉妬、災害、暴力など、
悪という名のものが、一瞬にして世界へ飛び散ってしまった。
慌てて蓋を閉じた底に残っていたのが、「希望」。

時間は確実に、1秒ごと進んでいます。
前進しているのが、どうか、明るい光の国でありますように。
わたしは希望を持って、願うと同時に、信じています。 

pray for japan !


3色の願い

この3色には、このような意味が込められています。

bandiera_20110318034847.jpg 緑は「願い」を。

bandiera_20110318034709_20110318034847.jpg    白は「祈り」を。

bandiera_20110318035210.jpg 赤は「愛」を。


今日はイタリア統一150年記念で祝日でした。

イタリアの国旗、3色の想い。 
どうか、世界に、日本に届きますように。

世界中が、日本を応援しています。

小学校の教師で、子どもたちに希望を伝えたいと考え作成した、
hideyumoさんの作品です。





福島という地名が世界中で瞬く間に有名になってしまい、
原発はまだ現在進行形。 
どうか、みんなの願いをかなえてください。
お薬が、早く効いてくれますように。