fc2ブログ
2024 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 04








3月25日はフィレンツェのお正月

フィレンツェでは、1749年まで3月25日がお正月でした。

1582年にローマ法王の命で、1月1日がお正月となる西暦(グレゴリア暦)を使うようにとイタリア全土にお達しがありました。それでもフィレンツェはその命を無視し、かたくなに3月25日をお正月としてきたのです。

どうしてフィレンツェは正月を変えないできたのでしょう。それは、聖母マリア様に関係があります。 マリア様が「キリストを身籠りましたよ。」と受胎告知を受けたのは3月25日。フィレンツェを代表する大聖堂、サンタ・マリア・デル・フィオーレは「花の聖母」の意味。大聖堂の工事がひとまず完了し、聖堂として使うための儀式が執り行われたのも、この受胎告知のあった3月25日です。さらに付け加えると、大聖堂の最初の礎石は9月8日に置かれました。この日はマリア様の誕生日です。 

DSC00258.jpg

このことから分かるように、フィレンツェの歴史は聖母マリア様とふか~い関係があるのです。 でも?? どうして「受胎告知」を受けた日が3月25日とわかるのでしょう。 

キリストの誕生日の12月25日(クリスマス)から9ヶ月逆算してみてください。 日本は10月10日を数えますが、イタリアでは赤ちゃんが生まれるまで9ヶ月で計算します。 すると、そう、ちょうど3月25日になるんです。

いろいろなコメントが聞こえてきそうですが(笑)、細かいことは考えずに、「そうなんだ」と受け入れましょう。そして受胎告知の絵を見るときは、ああ3月25日だったんだ。と思い出しましょう。

annunci.jpg
サンマルコ美術館に描かれているベアト・アンジェリコの「受胎告知」。
わたしの好きな絵の1つです。

時は移り1749年。 メディチ家が断絶し、当時跡を継いでいたロレーナ家のフランチェスコ2世が、フィレンツェも足並みを揃えようではないか。と決め、やっとフィレンツェも1月1日をお正月としたのでした。 フィレンツェは中世時代から商業がベースの街。だから、お正月が変わって、ほかの街との商売もやりやすくなったんではないかなあ。なんて思ってしまいます。 

いまでもその記念としてシニョーリア広場に面するランツィのロッジャに、3月25日の祝日が廃止されたことを伝える石碑が残されています。 

DSC01064.jpg


フィレンツェの裏の歴史をちょっと垣間みた感じですか? ふふ。 歴史って面白いんですよ。


*************************
今年は3月29日に旧正月を祝したイベントが開催されます。

15:00 昔の装束を纏った行列がサンティッシマアヌンツィアータ教会へ向かいます。
15:45 サンティッシマアヌンツィアータ広場に到着。
17:00 シニョーリア広場に行列が移動。ここで旗手達の舞いやダンス等が催されます。
18:30 終了。

DSC00189.jpg

サンティッシマアヌンツィアータ教会も聖母マリア様に捧げられた教会です。「サンティッシマ」という舌を噛みそうな名前は、サントの最上級「最も聖なる」という意味です。 教会内はルネッサンスの街とは思えないほどにバロック様式で装飾されています。フィレンツェの教会のほとんどは美術館と化していますが、この教会には、市民達が毎日ミサに訪れます。本来の教会の機能を果たしている数少ない教会です。近くに立寄ったらぜひご覧くださいね。

IMG_5065.jpg

スポンサーサイト




なぁ~~るほど・・・

益々フィレンツェの魅力にはまってしまいますね・・・

う~~ん是非イベントのときに行ってみたい!!!
[ 2009/03/26 10:35 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

知ればしるほど深みに入るフィレンツェ。 フィレンツェワールドへようこそ♪
イベントも楽しいですよ。 現代と中世を行き来しするような変な感覚に襲われます。
[ 2009/03/28 00:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurashitefirenze.blog64.fc2.com/tb.php/89-c463731a