fc2ブログ
2023 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 01








イタリアで初めてのレシピ本

Pellegrino Artusi(ペッレグリーノ・アルトゥージ)という名前を聞いたことがあるかしら?

 

イタリアで彼の名を出して、知らないイタリア人はいない有名人。

 

初版は1891年。現在も重版されている、1大ベストセラーのレシピ本の作家なのです。日本版もあり。

 

 

今年はアルトゥージの没後200年に当たります。1820年8月4日誕生。

 

そして今週は、外務省じきじきの「クッチーナイタリアーナ(イタリア料理週間)」が開催されています。即して、外務省のYoutubeでは、アルトゥージに関する動画を見ることができるようになっています。下段にリンクしておくので、興味のある方はご覧あれ。

 

序文が長くなりましたが、この本のタイトル

La scienza in cucina e l'arte di mangiar bene

 

 

日本語のタイトルは 

イタリア料理大全 厨房の学と良い食の術

 

美味しく食べるための、料理の極意。 みたいな意訳でもいいかな。

 

790種類ものレシピを収めたこの本。

 

イタリアには、バイブルのように、一家に一冊は必ずあります。

100年前のレシピ健在。ここにイタリアあり。って感じです。

 

例えば レシピ75番 Risotto coi Piselli グリーンピースのリゾット

 

 

レシピは、ご覧の通り文字ばかり。挿絵は一切ありません。本当に、文字ばかり。

 

小さいフォントでツラツラと書かれいるのは、リゾットの場合は、お米の起源や歴史等の説明。料理をしながらも、材料に関する知識も学べる、1粒で2度美味しいレシピ本。

 

材料:5人前

* お米 500g

* バター 100g

* パルミジャーノ  適量

* 玉ねぎ 大きめの中サイズ1個

* グリーンピース

 

お米は洗ってはいけません(て書いてある!)。

お米を潰さないように気をつけて、布巾で軽くこすります。

 

玉ねぎをみじん切りにします。

 

バターの半量を鍋に溶かして、玉ねぎを炒めます。

 

玉ねぎが色づいてきたら、お米を加えてさらに炒めます。

 

炒めた玉ねぎの旨みをお米が吸収したら、おたま一杯分のお湯を加えて、ゆっくりとかき混ぜます。

 

これを何度か繰り返し、お米の芯が硬いところで(アルデンテ)、表面に小麦粉を少量を足します。

 

塩で味を整えたら、水分がなくなるまで火からおろさないこと。

 

水分がなくなってきたら、残り半量のバターと、レシピ427番のグリーンピースを適量加えます。

 

(注! ということは、先にレシピ427番を見なければいけないじゃないか!)

 

レシピ427番 塩漬け豚バラ肉(パンチェッタ)と炒めたグリーンピース

分量:記載なし 

 

フライパンにオリーブオイルをひいて、

塩漬け豚バラ肉(パンチェッタ)、ニンニク、イタリアンパセリを炒めます。

少々の塩と胡椒を加え、ニンニクが色づいてきたらグリーンピースを加えます。

全体的に炒まったら、完了。

 

さて、リゾットに戻ることにしよう。

 

レシピ427番のグリーンピースを適量加えて、火から下ろしたら、

大きくひとつかみのすり下ろしたパルミジャーノレッジャーノチーズを最後に投入。

 

 

 

まあ、こんな感じで、790個のレシピが記載されています。だから、本も厚い。

 

 

いまでは、本屋に行けば人気のあるレシピを凝縮したアルトゥージの本が、10ユーロあたりから販売されています。英語もあり。

 

さて、そんなアルトゥージですが、どうしてレシピ本を書こうと思ったのか、いかにして出版に至ったのか、次回に、第二部でお伝えしまーす。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



[ 2020/11/26 23:35 ] テイスト・ハンター | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurashitefirenze.blog64.fc2.com/tb.php/527-2eaac63c