FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お誕生日コンサート

すでに1週間が経とうとしていますが、
先週の金曜日に市立劇場にコンサートへ行ってきました。

フィレンツェ五月音楽祭の指揮者、ズービンメーター75歳の
お誕生日を記念しての特別コンサート。
特別友人出演、ダニエル・バレンボイム。


DSC00512.jpg


バレンボイムが特別出演ってすごくない?!
当分、彼のコンサートはフィレンツェで聞けそうにないし、
これは行かなきゃ!

→ ダニエル・バレンボイムを知りたい方はこちらから

五月音楽祭の切符販売初日に速攻予約。
12月中旬だったけど、
午後にオンラインで取ろうとしたらすでに完売状態。 
よかった、取れて。

4月なんてまだまだ先だな~ 
その頃はもう春なんだな~

なんて思っていたのが昨日のよう。。

バレンボイムのピアノ演奏は1曲のみでしたが、
そのあとは、観客がアンコールで呼び戻して
3曲を即興でお披露。

ピアノの鍵盤は単純にポンポンとだれでも叩けるけど、

(わたし、小学校のときにオルガンで遊んで覚えた
猫ふんじゃっただけ。)

ピアニストによって、これほどまでに、音が変わるなんて。
なにがどう違うんだろう。

去年見たラフマニノフの演奏者は若くて、
エネルギッシュでパワーのある演奏でよかったけど、

バレンボイムの演奏は、艶があって滑らかで、
川や風の流れが肌で感じられるようだったり、
人間の喜怒哀楽の感情がぶつけられるようだったり、

ピアノの旋律に釘付けになり、五感を刺激され続け、
至福の時間を堪能でき幸せでした。


DSC00507.jpg

1階席の紳士淑女の方々


ズービンメーター75歳、バレンボイム69歳。
どちらも白髪の優しいおじさま。って感じ。

お互いに肩を組み合ったりして、
見ていて微笑ましかった。

あまりにもアンコールが続くから、
バレンボイム、ピアノの蓋を閉じて、
ファーストヴァイオリンを連行していっちゃいました。

観客、大受け(笑)

コンサートを終えたあとは、
ズービンメーターのお誕生日を祝って、
観客みんなでHappy Birthday to youを大合唱。

イタリア語では、同じ曲調で歌詞だけがイタリア語になり、
タンティ アウグーリ ア テー 
(tanti auguri a te)になります。

ちなみに、日本語ではどういう風になるの?
と聞かれ、アルファベットで歌うとがっかりされます(笑)

さ、演奏を楽しんだあとは、遅めの夕食です。

次回のブログのテーマは After Theater !






スポンサーサイト
[ 2011/05/05 23:33 ] @展示会やコンサート | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurashitefirenze.blog64.fc2.com/tb.php/458-cd2d3c91

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。