FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08








フィレンツェに負けない料理(日本紀行18編:静岡県)

フィレンツェの名物料理に、トリッパやランプレドットがある。
好き・嫌いがはっきり分かれる食べ物。
腸モツ系のお料理である。


Desktop.jpg


フィレンツェでもダメな女性多し。
ローザ姉さんは、姿を見ただけで、che schifo(気持ち悪~い)。

胃袋の相性が良いというのは、とても重要。
わたしも相方もぜ~んぜん平気。

そんな私達の胃袋を知っている静岡の友人が、
とっておきの場所へと連れて行ってくれました。

そこは、小さな飲み屋さん。 
暗闇に、ぽっつりと薄明かりの電気が灯っています。
昭和っぽい風情。 いいねえ。

まずは一皿目。
にんにくと唐辛子とお酒やみりん等で、漬込んだものと見受けられる。


IMGP1699.jpg


新鮮な生の腸。だったかなあ。 
とにかく、どこかの生モノらしい。

え!?  生っすか。

イタリアの衛星放送チャンネルで、
アメリカ番組の"Orrodi da Gustare"というをやっている。

世界各国に行ってご当地料理を賞味するというもの。
そのなかには、グロイのもあったりする。幼虫とか。
彼の番組の閉の言葉が、「興味をもったら食べてみよう!」。
彼の言葉が頭のなかで反芻する。

好き・嫌いは食べてから判断するとしよう。

食べてみると、これがお酒と合うんだわね。ふふふ。

小さな厨房で、ママがお客さんの注文を受けて準備中。


IMGP1731.jpg


焼き物も、目の前でジュージュー焼いてくれます
こちらはスタンダードに肉を焼いたもの。


IMGP1706.jpg


ジューシーで美味しかったなあ。 ちょっと一心地。

ほんじゃ、これは?  食べれる?

友人が戦線布告(笑) 


IMGP1722.jpg


レバ刺しだったかなあ。 いずれにせよ、生肉刺身。 
むむ、ハードル高いぞ。

かつて食べた記憶がないということは、わたしも初めてかも。

にんにくをたっぷり付けて、パクっと、1口に。
相方もいきました。 
もっと血生臭いかと思ったけど、意外にさっぱり。

そして、焼き物アゲイン。


IMGP1689.jpg


う~ん どこの部位か忘れちゃったけど、
豚足を焼いたものだったかなあ。
結構、油が乗っていたのだけは覚えてる。


ここでのお食事は、軽いアペリティフ(笑)
このあと、私達は、もう1件へと移動したのでありました。

日本って、チェーン店が多いこともあって、街風景を見ただけでは、
一見、どこも同じ街のように見えるけど、
なかに入り込むと、違いが分かる。

日本の多種多様な食文化に万歳!




スポンサーサイト



[ 2011/01/30 20:11 ] @ 美味なるもの | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurashitefirenze.blog64.fc2.com/tb.php/415-1726c4b5