FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンタンドレア教会 in ピストイア

1100年代に建立されたロマネスク様式の
La Chiesa di S.Andrea(サンタンドレア教会)。
ピストイアにあります。


DSC03428.jpg


緑と白のダンダラ模様は、大理石で出来ています。
どこから切っても緑色。 どこから切っても白色。

大理石はトスカーナ地方で取れたもの。
だから、もちろん、資源は近場から調達したものです。


靴下の下がった広場や黒装束の君がいる板絵も、
ピストイアのもの。

そもそも、このサンタンドレア教会を訪れるために
ピストイアへ足を運んだのです。

1100年から更に時間を遡り、
600年の初期キリスト教時代に建立されたようです。

その頃はサンタンドレア、すなわち、
聖アンドレアを崇拝する傾向があったために、
この教会もこの聖人の名前が付けられている。
と説明にありました。

→ 聖アンドレアの詳細はこちらから。

600年代からある教会。ざっと1500年前? 

教会と対峙して、
なんか、自分がす~っごく、ちっぽけに感じちゃう。

しかも、小さな街ピストイアの、車が走る道路沿いに、
何でもない風に、違和感なく街の景色に溶け込んでいるのが、
いかにもイタリア的。 


DSC03434-1.jpg


ファザードの細かいところを見ていると、なんとも可愛い。

といっては失礼かもしれないが、ウマ下手絵のようなユニークさ。
なんともユーモアがあっていいじゃあないですか~。




スポンサーサイト
[ 2011/01/11 04:18 ] @イタリアの中世文化 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurashitefirenze.blog64.fc2.com/tb.php/410-a918ad93

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。