FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08








中世時代のお風呂事情

Bagni nelle Antiche Terme (昔のテルメ浴場を利用した銭湯)

102-0229_IMG_20100824233501.jpg


時は遡り、中世時代1300年のフィレンツェ。

男女ともに、身だしなみを、きちんとしていたそうで、
少なくとも、1ヶ月に1回は、お風呂に入ったそうです。
裕福な家庭では、1週間に1回のところもあったよう。

中世時代の欧州では、回数が多い方でしょうねえ。


家庭でお風呂に入れない人のためには、公衆浴場があり、
1348年に黒ペストが蔓延した頃は、中心街に20箇所もあったそう。
混浴ではなく、男女交替制。


古代ローマ時代には、城壁外に浴場があり、
ここで身体をきれいにしないと、城内には入れなかったそう。

長旅で汚れた身体。 
しかも、病原菌を持って来ているかもれしれなかった時代。
ちょっと納得。   


この表札がある建物は、いまはお店に様変わり


102-0230_IMG.jpg


テーラーメイドのシャツ店になっています。
なかなか良い雰囲気。


話しは続き、中世時代。

毎週土曜日は、特に女性は洗髪の日でした。
翌日の日曜日はミサがあるので、そのためだったんでしょうね。

短髪の女性は、娼婦。
まっとうな女性達は、長い髪を流行の結いにして、
しゃなり しゃなりと、お洒落してミサに赴いたのでしょう。

以前にルネッサンス時代の女性美 でも紹介しましたが、
貴族の男女は、お洒落に相当、気を遣っていたようです。


ちなみに、この建物の前にある教会。


102-0235_IMG.jpg


サンティアポストロ教会といい、
ロマネスク様式の小さな教会。
なかなか趣があり、わたしの好きな教会の1つ。

ちなみに、この教会は映画「冷静と情熱のあいだ」
のワンシーンに使われました。

あおいが確か、フィレンツェに挙式に呼ばれるんだったかなあ。
それがこの教会。

この教会の前で、順正が壊れた自転車を直しているシーンだったかなあ。
でも、すれ違い。

というシーンだったはず。


昔テルメがあり、その後には、公衆浴場に使われた建物。

どこにあるかというと、こんな、ほそ~く、せま~い 
路地の果てにあるのです。

img_0097.jpg


フィレンツェの路地裏。
たくさんの、色々な、物語が潜んでいますよ。 ふふふ。




スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurashitefirenze.blog64.fc2.com/tb.php/358-1960f72e