FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08








ダビデのご主人様はだれ?

8月16日、何気にニュースの見出しを見ていたら、

「ええええ !!!」



渦中の人は、

ミケランジェロの代表作 「ダビデ」


davidMichelangelo.jpg

(ダビデ像はフィレンツェのアカデミア美術館にあります)


持ち主をめぐってのスッタモンダ。


数世紀が経っているのに、
イタリアの文化大臣、サンドロ・ボンディ氏が弁護士を通して、

sandro-bondi2.jpg

ダビデ像は国の所有であり、
フィレンツェ市所有のものではありません

と、言い出したではありませんか。


ボンディ氏の言にも一理ないわけではありません。

イタリアが国の統一を果たした1865年には、

「これは市のもの。 これは国のもの。」

という感じで財産分与をしたらしいのですが、


フィレンツェ市の所有に、シニョーリア広場とは記載されていても、ダビデ像という、名目はリストに挙げられてないのです。

でも、当時はまだダビデ像はシニョーリア広場のヴェッキオ宮殿の前にありました。

アカデミア美術館に移動したのは、1875年のこと。


もちろん、反撃に出た、フィレンツェ市長マッテオ・レンツィ

174528419-4a37d7ff-c9b1-460f-8ef9-364489e831b2.jpg

市長が手にしているのは、

「ダビデ像がフィレンツェ市所有のもの」

と証明している文書

前文化大臣のミケリーノ・ダヴィコ氏も、
「ダビデ像はフィレンツェ市所有のもの」と証明しています。

やったね! レンツィ!!!


そしたら、ボンディ氏が代替え案として、

「じゃあ、共有という提案だったら ?」 と言ってきた。


迎え撃つ市長レンツィ。

「共有という案は受け入れてもいいですよ。

ただ、フィレンツェ市のオブラーテ図書館は、
夜中12時まで開館している、その一方で、
国所有の国立図書館は、人員不足のために午後は閉館。

ヴェッキオ宮殿(市庁舎)は夜も開館しているのに、
ウフィッツィ美術館(国所有)は
たまにしか夜間開館していませんよね。」

と、言葉に含みをもたせるのが得意なフィレンツェ人らしい言い方で、ボンディ氏を通して、イタリア政府をやんわり非難していました。

すったもんだは、まだ続きそう。

そもそも、ダビデ像はフィレンツェ共和国の「自由」のシンボルとして作られたもの。それが国の手に渡るなんて、フィレンツェ人も断固反対でしょう。 (特にいまの政府に)


。。。 イタリアはただでさえ、色々な問題を抱えているのに、
。。。 先に解決をしなければならない問題がたくさんあるのに、

ど~して、そんなときに、ダビデなの?

ベル首相率いる文化大臣ボンディ氏よ、
ダビデ云々の前に、フィレンツェの知人友人は呆れ返っていますよ~


スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurashitefirenze.blog64.fc2.com/tb.php/354-7410fd24