fc2ブログ
2024 0112345678910111213141516171819202122232425262728292024 03








日本旅行 福岡編 その4 (糸島)

お待たせしました~  やっと糸島です。 
日本旅行のアップに1年かかりそう?! ハハハ (汗)

写真選びに苦労しました。
なにせ、紹介したいものばかり。

博多から電車で1時間弱。
暗くなってからの到着になってしまったけど、迎えてくれたのは、桜。

IMGP6453.jpg

これからずっと、私達は桜前線とともに上昇することになるのです ^ ^ V

糸島は、なんて表現したらいいんだろう。
空気が違うの。
心にす~っと、浸透していって、清々しい気持ちになるのです。
神社に足を踏み入れたときに受ける空気とちょっと似ているかも。

残念ながらお天気には恵まれませんでしたが、
それでも充分に糸島の良さを堪能することができました。

糸島でとてもお世話になった、Wちゃんとご家族、
本当にありがとうございました。  
1日がかりで車で案内してくれたリーダー、大好き ♪ (注:女性)
ありがとうございます!

向かったのは 桜井二見ヶ浦 。

DSC08881-1.jpg


ほ~ なるほど。
残念ながら、夕日を拝むことはできませんでしたが、
グレーな雲が立ち込める不穏な天気のなか、玄界灘らしい(?)、
演歌に出て来そうな、クールな桜井二見ヶ浦を見て来ました。

次回はぜひお天気のときに!  また来ます!

IMGP6715.jpg


糸島にはいろいろな工房があると聞いていましたが、
こちらは陶器工房店「恵水釜」。

IMGP6781.jpg


シンプルな色の土のぬくもりを肌で感じる質感、ぽってりした形。
ユニークな表情の動物や魚、筆で画かれた野草や葉っぱ。

心がほっこりするような陶器がたくさん並んでいて、
とても幸せな空間でした。 すべてが、糸島っぽい! 


IMGP6783.jpg


ここでは小さな2種類の小皿を購入。

使えば使うほど愛おしくなる可愛らしいさ。
腫れ物に触れるように大事に持ち帰ってきて良かった~。


IMGP6717.jpg

田舎風景。 まだまだ日本の風景が健在なのが嬉しい。


IMGP6739.jpg

煙る山と山郷。 
刻々と変化する、自然が作り出す風景って、すごい。

次に向かったのは、塩工房。 またいちの塩。


DSC08888.jpg


工房の裏手にはこんな風景が。


IMGP6823.jpg


竹を逆さにした立体式塩田。
玄界灘の海水を上から流して、枝から伝わった塩水を濃縮させ、
大小二つの釜で三日間じっくり炊き上げて、
とれたお塩を杉樽で寝かせて、にがりを適度に残してできたお塩です。
(またいちの塩のHPから抜粋しました。HPの紹介は下にあります。)


DSC08894.jpg


こんなに細く枝が分かれています。

実際に工房に入る前に、チラと覗いてみました。
あ~素敵!  この雰囲気!  職人の仕事っ!  

DSC08913.jpg


こちらは明るい部屋で作業中の職人さんの後姿。

IMGP6884.jpg


近づいてみると、大きな浴槽のなかにオレンジ色の液体が。
ゆっくり煮詰めて、塩水を濃縮しているのです。
ときどきかき回して濃縮度合いを見ているよう。


IMGP6901.jpg


浴槽を温めるのは、ガスではありません。 薪!  

薪風呂ってお湯が滑らかでじっくり温まるけど、
出来上がった塩も、まろやかにできあがるのかしら。


DSC08909.jpg


浴槽に溜まった塩をすくいあげ、樽のなかに1回づつ丁寧に移します。
真っ白~ きれい~


DSC08896.jpg


この杉の樽で寝かせて、塩が作られるのです。


IMGP6890.jpg


フィレンツェの家には、イタリアの塩田で作られた塩、
ハワイ、ポルトガル、アイスランド 諸々の塩を買い置きしてあり、
用途に合わせて使っていますが、

こんな素晴らしい工程を見て、手ぶらで帰るなんて、もってのほか。

わたし達が購入したのは、焼き塩。


sio2_img1.jpg

極めがとても細かくて、味もまろやか。

素材の旨味をじんわり引き出してくれて、
素材同士が手をつないで仲良く味を共有してくれるような、
そんな縁の下の力持ち的な優しい味に仕上がります。

我が家では、野菜サラダに欠かせない塩となりました。

またいちの塩のHPはこちらから。

今回は写真が多かったので、重くて待ち時間が長かった方、
申し訳ありませんでした。

次回も糸島礼賛、続きます。 糸島の食をご紹介~♪



* ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ *
6月12日(土)の仲間募集 ♪

6月12日の「ヴァザーリの回廊」の募集を募っています。
あと2名で催行決定! 日本語ガイドでの案内。 
6月4日まで募集中。

☆ リクエストお待ちしています ☆  yoko.ig@gmail.comまで
* ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ *

スポンサーサイト



[ 2010/05/26 01:18 ] @日本紀行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurashitefirenze.blog64.fc2.com/tb.php/318-31ac3f93