fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05








トスカーナ伝統料理(dell'Orto)

ちょっと前の話しですが、年末にイタリア人カップルとお食事に行きました。

彼女は、もとフィギュアスケート選手。
目がクリクリっとして、細身で、いつも笑顔のチャーミングな女性。

彼は、仕事で週の半分はミラノへ。ちょっと疲れ気味。 

でもって、と~っても仲が良くて、

15分に一度は 「 あも~れ ♪ 」 と呼び合っています(笑)

「だ~りん 」   
「なんだい ハニ~?」
 
のイタリア版と思って下さいませ。


そんなスウィートなカップルが好きなもの。

それが、 肉 !!


この肉好きカップルの案内で、行ってきました、肉食べに。

フィレンツェに来たら、ぜひチャンレンジあれ!
肉好きにはたまらない赤身肉、「Tボーンステーキ」

IMG_0309_20100114234349.jpg

骨の部分も含めて、最少800グラム~1キロからです。
多そう ?   
でも意外に女性2人でも800グラムって食べれちゃいますよ。
このときは、確か2キロ弱だったような。


さらに、このトラットリアはフライが有名ということで、
フライも注文。 
確かに、油っぽくなく、カリっとして美味しかったです。

IMG_0310_20100114234349.jpg

特にポルチーニ茸のフライが、
噛むほどに味がして旨かったです。


このほかに、このトラットリアの売りである
ミックス前菜 「Antipasto di Arturo (アルトゥーロの前菜)」 を
3人前オーダーし(アルトゥーロはオーナーの名前)、

さらには、フィレ肉 1人前、野菜サラダ 2人前、
ドルチェ 3人前(わたしと相方は半分こ)。

素晴らしい 食いっぷり !

さすが肉好きだけあって、
Tボーンステーキのほかにフィレ肉も注文(笑)

相方とわたしは、本当にそんなに食べれるの~??

なんて心配していたが、どこ吹く風。 完食~!!


次回は、わたしたちが、
この肉好きカップルを、別な場所へとご案内します。

どっちの肉が美味しいか、 肉比べといきましょう。
宣戦布告です  ふっふっふ


今回のトラットリアはアルノ川の対岸。
駅からは徒歩15分くらい。

今回はワインと水を含めて、一人約45ユーロ。
ちょっと高め? でも随分食べたからなあ。

Trattoria dell'Orto
Via dell'Orto 35/a, Firenze
Tel & Fax : 055 224148
www.trattoriadellorto.com
(HPは現在アップされてないようです)
閉店: 火曜日
日曜日閉店の多いフィレンツェで貴重なトラットリアですよ ♪
スポンサーサイト



[ 2010/01/14 23:53 ] @ 美味なるもの | TB(0) | CM(4)

わ~い、お肉も大好きで~す!
でも、意地汚い私は、フィレンツェに行ったら胃を最大限お肉にあてて、フライは遠慮してしまうかも。あ、でもポルチーニのフライ???きゃー

あー、お肉と(ウインドウ)ショッピングにフィレンツェ行きたいです。
[ 2010/01/15 05:13 ] [ 編集 ]

Fumie さん Re: タイトルなし

イタリア人て好きだよね~ フライもの。
わたしも、自分からはフライはオーダーしないです。
理由は、やはりFumie さんと一緒 ♪

な~んていいながら、あると食べちゃうんですよね~
美味しかったです フレッシュ・ポルチーニ茸 (笑)
[ 2010/01/16 00:05 ] [ 編集 ]

きゃー!
ポルチーニのフライですか!!
うらやまじい・・・
想像しただけで胃がきゅーって(汗)

イタリア展でフレッシュポルチーニが買えたので、家でこの前チャレンジしましたが、べったり揚がってしまい、おいしさ半減でした。

アルノ川の対岸側には私の食欲を掻き立てる魅力的なお店が多そうです。
[ 2010/01/18 15:47 ] [ 編集 ]

tomi さん Re: タイトルなし

ポルチーニのフライ、水分を含んでいるから
揚げるの難しいよねえ~

なんであんなにカリっと揚がるんだろう?
周りはカリっと。 なかはジューシー。

みんなで宝物探しのように、
ポルチーニのフライを探し、つっつき、
瞬く間になくなったのは、言うまでもありません(笑)

美味しいものを食べるなら、ちょ~っと中心街から
離れる方が当たる確率大ですよ ♪

この前の連れさん(やんさん)にお会いしたら
宜しくお伝え下さい ♪
[ 2010/01/19 00:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurashitefirenze.blog64.fc2.com/tb.php/278-ac32c537