fc2ブログ
2024 0112345678910111213141516171819202122232425262728292024 03








キャンティ地区のバーガー店(Mac Dario マックダリオ)

やっと行けた! 噂に聞いてうずうずしていたキャンティ地区にあるバーガー店にやっと行ってきました。 正確には、バーガー店ではなく、肉屋です。「Mac Dario マックダリオ」のネーミングは、肉屋の経営者の名前ダリオをもじったもの。このお店は意外に世界的に有名な肉屋で、その名を「チェッキーニ」といいます。

DSC04784.jpg


世界各国の雑誌やテレビで紹介されていて、日本でも何度か紹介されたはず。 妙な言い当てをするチェッキーニのオリジナル商品開発や、 フィレンツェ出身で「神曲」を書いたダンテを、お客様に試食を無料で提供しながら吟じる詩人でもあります。 さらには、狂牛病のときには、近くのグレーヴェインキャンティでTボーンステーキになるキャニーナ牛の肉の競りの仕掛人。人柄は気取ることなく気さく。 トスカーナ弁丸出しのオープンマインドな人物です。 

ふぉと


マックダリオで、わたしはもちろんハンバーガーを注文。 日本人も修行に来る厨房で作られるこのハンバーガーは、日本のバーガー店のように紙に包まれ、パンに挟まれて出されるハンバーガーと違い、プレートで出されます。 250グラムの肉はガッツリと厚みがあり焼き加減もグッド。 

DSC04796.jpg

これにパンと水がついて10ユーロ


一方、相方は「ウェルカム」というメニューを注文。このマックダリオには、バーガーとこのウエルカム、2つのメニューがあります。ドンドン、ドンドン、いっぱい出てきてびっくり! 日本人なら2人でこのメニューを注文して充分です。

DSC04789.jpg

これで1人前のお野菜です。
生野菜をオリーブオイルと塩でバリバリ食べるピンツィモーニオという料理


cecchini vivi etc

こちらがメイン。 時計廻りに右上から、
キャンティの寿司(生肉のマリネ)、キャンティのツナ(豚肉のオイル漬け)、
焼き豚、肉団子のピリ辛甘いソースかけ。
これにパンと水が付いて20ユーロ。


肉屋の裏にお店はあり、オープンテラスと室内と、お好きな方を選べます。 注文してから来るまでの時間もスピーディ。 「ダリオ、早いねえ。」なんて言うと、「だって、ファーストフードだもん。」と子供みたいな目をクルクルさせて、お茶目な表情で答えてくれました。

DSC04812.jpg

こちらは室内。 ステーキを薪で焼く暖炉が奥にあります。


macdario6.jpg

こちらはオープンテラス。 長テーブルで肩を並べて食事。
椅子もなに気にデザイナーチェア。


肉屋チェッキーニの方へ足を踏み入れると、そこは試食天国! ワインも無料で出されて、テーブルに並んだチェッキーニオリジナル商品を試食できます。 この試食サービスがチェッキーニのもともとのスタイルでした。

127-2761_IMG.jpg

お昼時は目当てに来る人ですごい人(笑)


DSC04813.jpg

コンテンポラリーアートが好きなダリオ。
こんなオブジェが皆を見下ろしています。


毎週木、金、日は19時~21時の時間、日曜日はランチ13時から、肉屋お隣のモダンでコンテンポラリーなコンクリート打ちっぱなしのお店でコースメニューが食べれます。大皿で出されて、参加者全員で食事を分かち合います。 所要時間は約2時間。 30ユーロ。

DSC04773.jpg



さらに! 肉をガブリつきたい方は金と土は20時から、日曜日は13時から、Tボーンステーキを始め肉尽くしのコースメニューが食べれます。 所要時間は3時間。 50ユーロ。 「お腹を空にして来て下さい。」と注意書きがあるほど、い~ぱい、肉を食します。 付け合わせの野菜も出ますよ!

でもこの2つのコースはまだ行ったことがありません(泣)。 最近のイタリアでも飲酒運転は厳しく取り締まるので、まずは肉好きでお酒を飲まない友人を探さないと。。 周りはノンベーさんが多いからなあ。 


DSC04815.jpg

肉屋から外に出ると、眼下に広がる風景は、丘に連なる葡萄畑! 


場所はパンツァーノキャンティ。フィレンツェからは車で約50分。 キャンティクラシコ地区のワイナリーや中世の小都市を廻りながら、ランチはマックダリオで。なんて企画もあるので、興味のある方はぜひご一考くださいね♪ 参考サイトはこちらから。「トスカーナで美味しいワインと素朴な田舎料理を楽しむ旅」。


Antica Macelleria Cecchini
Via XX Luglio,11, Panzano in Chianti
Tel. 055/852020
*定休日:水曜日
*ちなみにマックダリオの開店時間は12時~15時。水曜日と日曜日が定休日です。




******* お知らせ! ヴァザーリの回廊の個人予約 !! *******

通常は12名以上や8名以上で英語ガイドが案内しますが、7月から新しく5名以上から日本語ガイドで案内できるようになりました。

今年の9月からヴァザーリの回廊は修復に入り、修復開始時期が延期になりました。2009年11月14日まで予約受付中! 次回の 来年からの公開は未定の状況。年内にフィレンツェに来られる方は、ぜひご一考くださいね。

催行日の1週間前まで申し込みを受け付けています。

9月 5日(土) 14名様からのお申し込み ←催行決定!

9月12日(土) 3名様からのお申し込み ←あと2名で催行決定。

9月26日(土) 2名様からのお申し込み ←あと3名で催行決定。

もし最小人数5名に満たない場合には、英語ガイドに振替になりますことを、ご了承ください。


<ヴァザーリの回廊のみを見学される場合>
日時:毎週土曜日の16時30分から約90分間
料金:お1人様120ユーロ
ガイド:日本語

<ウフィッツィ美術館とヴァザーリの回廊の両方を見学される場合>
日時:毎週土曜日の15時15分からで約3時間
料金:お1人様140ユーロ
ガイド:日本語


>>>>>>> お問い合わせ先: yoko.ig@gmail.com <<<<<<<<<









スポンサーサイト



[ 2009/08/24 06:00 ] @ 美味なるもの | TB(0) | CM(2)

お久しぶりです^^
以前連れて行って頂いたチェッキーニが出ていて懐かしさいっぱいです。
試食のワインも料理もおいしくて、お店もおしゃれだったけど、さらにパワーアップしたんですね!

キャンティを気持ちよくドライブして、美味しいものを食べて
ワインが飲めないのは 酷な罰ゲームかも☆
お酒NGな友達がみつかること、祈ってます^0^
[ 2009/08/25 09:17 ] [ 編集 ]

waka-peco ちゃん Re: タイトルなし

お~ 久しぶり!! 元気~!?
ダリオはいつもながらフルパワーでした(笑)
さらに活動もグレードアップ。パワー全開です。 
どこからこんなアイディアと活力が出て来るんでしょうねえ。
そして彼はいつも笑顔。 人気の秘訣の1つでしょう。
秋からお酒NGの友達探しがんばります。
って、灯台元暗し。ローザ姉さんイケるかも!?

[ 2009/08/26 02:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurashitefirenze.blog64.fc2.com/tb.php/194-08761a69