fc2ブログ
2023 081234567891011121314151617181920212223242526272829302023 10








復活祭って?

復活祭ですが、毎年日にちが変ります。どうしてでしょう。新年が明けてから行われるカーニバルは復活祭に続いているのです。時間的な流れで行くと、カーニバル→四旬節→復活祭の流れになります。

毎年復活祭の日が異なるのは、春分の3月21日を過ぎてから最初の満月が出る日曜日を復活祭の日と決めているから、それを逆算してカーニバルと四旬節を決めるようになります。

カーニバルのときは、あとにくる四旬節に向けて、たくさんお肉を食べる習慣があったそうです。なぜかというと、四旬節というのは、キリストが十字架の死をしのんで修養するために、荒野で断食修行した40日間から来ています。そしてその40日間を経ると復活祭(パスクア)が待っているのですが、本来ならば四旬節の時期はお肉等の脂っこい食事をしない断食の期間なのです。

カーニバルの最終日をマルテディ・グラッソといいマルテディは火曜日。グラッソは油とか肥えたという意味。この日は四旬節に入る前に、たくさん食べれる最後の日です。この日を境にして四旬節に入ります。ちなみにフィレンツェではカーニバルの最終日は木曜日でベルリンガッチョといいます。ベルリンガッチョは、食べる、おしゃべりする、飲む、騒ぐなどの意味があるそうです。

さて、復活祭の週です。この週は木曜日から復活祭に向けて準備をします。

木曜日
宗教絵画で「最後の晩餐」がありますよね? 代表的なのはレオナルド・ダ・ヴィンチの絵。使徒がキリストを囲んで夕食をしているシーンです。この晩餐の日は木曜日でした。キリストは晩餐のあとに足を洗いましたが、いまでも、この日はローマ法王が、キリストと同じように足を洗います。

金曜日
キリストが磔になる日。キリストが亡くなられた日なので、司祭などの聖職者は、お葬式用の紫の服を纏い、教会の十字架にも紫色の布で覆われます。そして鐘楼の鐘がならないようにと、紐で結び固定されます。(今年はこの日にラクイラで亡くなれた方々の合同葬儀がありました。)

土曜日
土曜日の夜から日曜日にかけてが、復活祭でも特に大切な時間です。なぜなら亡くなったはずのキリストが蘇るからです。夜中の12時に、鐘に結ばれていた紐が解かれて「キリストが再生した!」という喜びの鐘が鳴らされます。

日曜日
午前にミサがあり、フィレンツェでは11時からスコッピア・デル・カーロ(山車の爆発)があり、ランチで各家庭がお祝いをします。

これが復活際までのなが~いイベントなんです。復活祭が終わると、さあ、いよいよ春ですよ、夏ですよ!
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurashitefirenze.blog64.fc2.com/tb.php/101-fa160eac