fc2ブログ








フィレンツェのクリスマス #12 クリスマスランチ

メリークリスマス!

 

 

今年はいつも一緒にお祝いする家族が二手に分かれて、

うちでは、おじさん、主人の弟、わたしたちの4人でのランチ会。

 

アントニオおじさんは、95歳。完全に自炊で一人暮らし。

超個性的で面白いおじさん。

 

大雨の予報だったから、車で迎えに行ったのに、

予報が大きく外れて青空になったら、歩いていくと言い出し、

すったもんだの果てに、なだめて、ようやく車で到着。

 

そのあいだに、ワインは着々と飲み頃に。

2005年のブルゴーニュはニュイサンジョルジュの赤ワイン。

ピノ・ノア〜ル。

 

朝から抜栓してゆっくりと空気を含ませることに。

見よ、コルクの状態。15年前とは思えぬほど、しっかりしている。

 

 

なんともエレガント。

ブルゴーニュの赤ワインは
貴婦人もしくはお嬢様ですね。

果実の熟した味を想像していたけど、

フレッシュ感が全面にでていて驚いた。

タンニンと酸味と香りのバランスが素晴らしい。

 

去年亡くなったマンマ、おじさん、主人、主人の弟が

2005年にフランスを旅行したときに購入したワイン。

マンマの思い出の一本をクリスマスに開けれてよかった。

 

 

イタリアのクリスマスのランチって、どんなの?

我が家はこんな感じ。

 

前菜:ズッキーニのフラン。トマトのムース添え。

プリモ:ラザニア

セコンド:鶏の丸焼き。ポタテのオーブン焼き。

ドルチェ:パンドーロ&パネットーネ

 

 

23日に中央市場で肉類を購入。

ラザニアに入れるミートソースの肉は2種類の塊肉を買ってきて、

包丁で細かく切ってミンチにしました。

 

ラザニアの位置付けって、日本のお寿司感覚に似ている。

イベントのとき、特別な日に食べる料理。

 
ラザニアが牛肉なので、
セコンドも赤肉だと胃がもたれそうなので鶏肉に決定。
 
この鶏肉、頭付きのを買ってきた主人。
羽根もうっすら残ってた。
魚は平気だけど、鶏の頭をバンって、
わたし慣れてないからガーン
 
冷蔵庫に、鶏の内臓と頭と首が入っている。
うげげ。
内臓はいいけど、頭と首はどうするんだろう。
 
鶏肉は、大きくてやっぱり食べきれなかったので、
今晩は、あまりの鶏肉を細かくして鶏サラダかな。
 
 
最後に、ドルチェ。
パンドーロもパネットーネも両方食べました。
 
今回は、ドルチェ専門店で購入したもの。
スーパーのとは、味が違う。
食べたあとの独特の苦味の代わりに、
卵の味がする。
 
コープのフィオルフィオーレという自社ブランドがあるけど、
これは、数あるスーパー商品のなかでも美味。
 
1月になると3ユーロくらいに値下がりするはずなので、ただいま待機中。
 
日本は年末年始でまさに師走時期突入ですね。
こちらも、日本ほどではないけど、
それなりに師走感があり、なんとなく落ち着かない。
 
体調に気をつけて、
あともう少しの2020年を乗り切りましょう!
スポンサーサイト



[ 2020/12/26 23:53 ] イタリアの普段の食卓 | TB(0) | CM(0)