fc2ブログ








フィレンツェのクリスマス #8 華やかで美味しそうなショーウィンドウ

ここは、とあるお店のショーウィンドウ

 

 

色鮮やかで派手!

シシリアのドルチェ(お菓子)

もちろん本物。

 

す〜っっっごく甘そうで、

脳天に響きそう。でも、

ちょっと味見もしてみたい。

 

クリスマスのディナーがテーマなのか、

 

お菓子と果物がこんもり盛られたテーブルには、

赤い薔薇と白いろうそく。

 

 

道ゆく人々の声。

「キッチュねー」

「まあ、本物のドルチェと果物だわ」

「今年もおでましね」

 

ショーウインドウを見る人の表情いろいろ

びっくり ラブ 口笛 爆  笑 照れ

 

 

マイナーチェンジはしつつも、

自分たちのアイデンティティを貫き通す

 

 

ドルチェ&ガッバーナのショーウィンドウ

 

ドメニコ・ドルチェと

ステファノ・ガッバーナの

二人の名前を合わせた

ドルチェ&ガッバーナ。

 

ドメニコ・ドルチェが

シシリア出身であることから、

シシリアをテーマにした作品も多し。

ゆえに、

クリスマスのディスプレイもシシリア風。

 

そして、フィレンツェにとって

今年のドルガバは重要な存在。

 

来年の春夏コレクションのショーの開催地は

フィレンツェだったのです。

 

ジュエリー、アクセサリー、刺繍生地、小物、etc...、

それらをフィレンツェの職人工房に注文し、

量産では表現できない、

人の手により作られる

精巧でかつ、温かみのある作品が

随所に見られるショーになりました。

 

 

Photo by Instagram (Dolce & Gabbana)

 

イタリア人って、国際的に活躍していても、

自分や、両親の故郷をルーツにしている人って

すごく多いと思う。

そして、そこに誇りを持っている。

 

フィレンツェのクリスマス #3

ルミナリエ で紹介した、

ディオールのクリエイティブ ディクレター
マリア・グラツィア・キウリしかり。

 

経済がなんたら。とか、

失業率がなんたら。とか、

サッカーと政治が一緒。笑い泣き とか、

 

イタリアは、負のイメージもたくさんあるけど、

使い古された言葉になってしまうが、
太陽の光と陰のように、多くの負を補うほどの

美しくピュアで、

歴史や伝統を守ろうとする誇りが

あるんじゃないかなぁ。

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございます。

キラキラクリスマスツリーラブラブ

良い1週間を!

 

 

***

 

フィレンツェで開催されたドルチェ&ガッバーナの

メンズとレディースのコレクション

Youtubeより


https://www.youtube.com/watch?v=HHW8nAR1dvQ


https://www.youtube.com/watch?v=TDSzon95cGU

 

***

 

以前にブログで紹介した

同じテーマのお話はこちらから。


フィレンツェの市庁舎。ヴェッキオ宮殿。

https://ameblo.jp/florence-yoko-italy/entry-12631779017.html


フィレンツェ職人の作品展示
https://ameblo.jp/florence-yoko-italy/entry-12632743830.html

 

 

 

 

スポンサーサイト



[ 2020/12/21 23:50 ] フィレンツェ街の物語 | TB(0) | CM(0)