fc2ブログ








邸宅のなかは、アトリエような雰囲気

前回の「コルシーニ家のヴィラ(邸宅)にてアペリティフ」の続き。

 

依頼人がいて職人の仕事が成り立つ時代から、いまは、職人がセンスや技能を活かし自分たちの作品を発表し、購入してもらう時代へと移り変わりました。

 

そういう発表の場を設けることも、コルシーニ家は長けています。まるでルネッサンス時代のパトロンのように、職人を擁護して、ことあるごとに、展示会を開催します。
 
 
このときは、Sartoria (サルトリア「仕立て屋」)の作品が多かった。ウエディングや披露宴にも利用されるヴィラなので、そのようなお客様をターゲットにいれてのセレクトなのでしょう。
 
 
 
まるでアトリエような雰囲気。
 
 
すごいぞ、天井画。
 
 
美術館みたい。
こういう環境で生まれると、これが普通なのかしら。
 
 
仕立てが複雑で建築的なウエディングドレス
 
 
とにかく、美しいの。
 
ふと目をやると、外も美しい。
 
 
まあ、いいか。
と値段をみて妥協したものって、
飽きるものが多い。
 
一方で、ちょっと高いけど、
心が動かされて手に入れたものは、
何年経っても飽きない。
 
「心を動かされる」のが「美」なのか
「美」だから「心を動かされる」のか。
 
美しさに心を奪われた、
ある夏の薄暮のできごと。
 
 
 
 
スポンサーサイト