fc2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09








一皿のパスタから始まる、モンテレッジョへの不思議な旅(3/3)

なにかに導かれたような不思議な旅。今回は最終回。


パート2からのつづき

何度もカーブを繰り返しながら、くねくね山を登っていく。あと一歩のところで木製の橋。

 



がたがた音を立てながらゆっくり橋を渡る。なんてスリリング。

 

 

山と山との間にある、小さなモンテレッジョ村にやっと到着。村の入り口には、本を売り渡る姿の石碑が教会を背にして立っている。 

 

 

本の舞台になった村! 
 

 

 

 

村に一軒しかないバールには、本棚がある。
 

 

 

 

 

 

バールをぐるりと見渡していたら、Tokyoの文字が目に飛び込んでた。

 

 

日本に訪問したときの記事が調べてみたら見つかりました。

地球のあっちとこっちで繋がっているんだなぁ。

 

https://meguro-unesco.info/shortnews/2018/05/SN333-03.html

 

 

 

バールに張り出されていたお知らせ。

 

 

来たる8月14日10時。

 

ブック フェスティバルに関して、

市長が、みなさんのご質問にお答えします。

 

大勢の参加をお待ちしています。

 

この日に話し合わないと、もう間に合いません!

 

夕刻から、鶏肉(Polli)と豚肉(Porchetta)料理もあるよ!

 

(絵がかわいい  ^ 0 ^ )

 

メインストリートが1本走っているだけの小さなモンテレッジョ村。まるで昨日修復したばかりのような、整頓された美しい街並み。

 

 

 

 

この村の住人は自宅に鍵もかけないらしい。玄関先に鍵がさされたまま。

 

いつでもどうぞお入りください。と言っているみたい。

いまだにこういう習慣が残されているなんて、なんか、いいなぁ。

 

 

 

メインストリートを歩いていると、突然、通りの脇から山が見えた。

 

ここからは、四季折々の自然の美しさを眺められることでしょう。

道を単純に1本通すだけじゃなく、わざわざこういう空間を作るところが、すてきです。

 

 

 

玄関先に無造作におかれたプラスチックの椅子。

 

ランチのあとなのかしら。

昼寝をしたあとに、ここでおしゃべりでもするのだろうか。

 

 

 

村を歩いていると、午後の日が照りつけるなか、男衆が壁を作り直す作業をしていた。その裏手に本屋さん発見。

 

 

 

 

 

 

「本の裏に値段が記載されているので、この箱に料金を入れてください」という張り紙あり。ここは無人の本屋さん。玄関先にさされた鍵と同じ。村人全員が家族みたい。

 

 

 

 

「モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語」の本は置いてなかったけど、

 

「もうひとつのモンテレッジォの物語」が棚に並べられていた。

 

この本は作家の内田洋子さんとモンテレッジォの子供達の共同作品。

 

日本の本のように内田さんの作品は右から、イタリアの本のように子供達の作品は左から、ページが始まるようになっている。

 



「モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語」を読まれた人は、ぜひこちらも読んでみてください。子供達が自分たちの村の歴史を研究する過程や感想、そして、村の人たちの生きてきた軌跡や村の美しさなどが、内田さんらしい、愛情が込められた言葉で書かれています。

カバーを外すと子供達が描いた、カラフルで可愛い絵が現れる。



モンテレッジョ村でこの本を購入できるとは、なんて幸せ者のわたし。

小さな村では、すぐに知れ渡る。日本人がいると聞きつけたのか、黄色いTシャツを着た背の高い痩せた男の人が声をかけてきた。彼こそはジャコモさん。

モンテレッジョ村にようこそ!と歓迎され、本が出版に至るまでの話しを物語ってくれた。最初にYokoからメールがきて、村を取材したいと申し込まれたときは、なにかの冗談かと思ったよ。よく話を聞くと、ベニスにあるモンテレジョ出身のベルトーニ書店の店主から村の話を聞いて、興味をもったらしい。そこから僕たちの本は始まったのさ。

 

 

 

 

メインストリートから村をでると、そこは、森。

 

 

 

 

森のほとんどは、栗の木。

内田洋子さんがこの村を訪れ、本が作られ、村人達が日本へ訪れる。心のこもった温かい本と、温かい心の交流。ほっこりする気分があとまでも続く心地よさ。あのバールに立ち寄らなければ、ここまで繋がることはなかっただろう。導いてくれた運命に感謝です。

 

 

 


内田洋子さんの本を読んで、モンテレッジョに行きたい人がいるんじゃないかしら。
ムラッツォ村の1件だけあるバールで一緒にランチして、山道登ってモンテレッジョ村を訪れ(車でね)、ジャコモさんを筆頭に、村の人たちと交流できるような企画を立てられたら素敵かも。

今年は村で初めてのマンガの祭典が開催される予定だったけど、コロナの影響で来年2021年に延期。こんな状況にもめげず、FBでインタビューの様子を紹介したりして、現在祭典に向けて準備中。


こちらは、イタリア版NHKでかなり前に放映されたルニジャーナ地方を紹介する番組。前半はモンテレッジョから本を売りにでるリブライオの姿を見ることができます。

 

 

 

 


春の行事カンタマッジョ(5月の歌)はこんな感じらしい。

 

まさに、カンターレ!

 

 

スポンサーサイト