2010 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 01








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Buon Natale !

BabboNatale.jpg


☆ みなさまにとって、素敵なクリスマスでありますように ☆





スポンサーサイト

今年最後のコンサート

フィレンツェ市立劇場のクリスマスツリー

IMG_1155.jpg


うん?  近づいてみると。。


IMG_1158.jpg


IMG_1156.jpg


ツリーのデコレーションがトゥシューズ。
なかなか素敵な演出。

しかも、新品ではなく、使いこなしているトゥシューズばかり。
バレリーナが今年一年練習を積み重ねたんでしょうね。

マッジョミュジカーレのダンサーのものかな?
いずれにせよ、劇場にうさわしいツリー。
美しかったです。

この日は、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番ニ短調作品30」を
デニス・マツーエフが演奏しました。


matsuev2009.jpg

→ 彼の詳細はこちらから


ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番ニ短調作品30」は、
映画「shine」を見てから、大好きな曲。


images.jpg


きっかけは何でもいいんです(笑)
とにかく、わたしの心に残った曲で、一度、生演奏で聞きたかった。


チケットを購入しようと思ったけど、気がついたのが遅すぎた。
すでにソールド・アウト。嗚呼。

と思っていた矢先!

劇場のインターネットチケット販売では、
逐次、キャンセルが出ると反映されるシステム。

僅かな望みを捨てずに、チェックしていた甲斐があり、
数週間前に、8席ほど空きが出ていました。

もちろん、即購入!

普段は2階席や3階席の比較的安い席を購入するんだけど、
空きがでていたのは1階席のPlatea。

やっぱり違いますね~

フィレンツェの市立劇場では、1階席と、2階席や3階席とは、
入り口が別で、バールも別。
ということは、ある程度、ロビーの場所が区切られていることを意味します。


IMG_1159.jpg


1階席に来られる方々の、特にご夫人方は、やっぱり違う。迫力が違う。
60~70代の年配の方も多いのですが、いかにもイタリアンマダムな感じ。

決して、お洋服に着せられているのではなく、
仕立ての良い生地で作られたお洋服を、しっかり着こなしていました。
そして、ばっちり化粧をして、靴や鞄やジュエリーのコーディネイトもばっちり。

クラシックやオペラのコンサートへ行くときは、わたしもそれなりの格好をして、
普段は自転車なのに、この日だけはタクシーを頼んで、
特別時間を自分なりに演出するのですが、

わたしって、まだまだ ひよっこだわ~。

イタリアンマダムには、到底 かないません。
格好良い、迫力ある、熟女って感じ。

年を重ねても女って素敵です。


かんじんの演奏はというと、と~っても良かった。

心が体から浮遊して、曲と一緒に空気をふわふわ漂っている感じ。

とても幸せな時間を過ごすことができました。


興味のある方はこちらの演奏をどうぞ。
でも、40分ほどあるので、時間があるときに見てくださいね。
こんなコンサートを無料で見れるYou tube 様々です。

しかもなんという偶然。 
現在マッジョミュジカーレの指揮者である、
若かりし頃のズービン・メーターが指揮をするコンサートです。
ピアニストはホロヴィッツ。






[ 2010/12/22 21:38 ] @展示会やコンサート | TB(0) | CM(2)

doka doka ドカドカ

先週金曜日の10時頃からドカドカと降り続け、
13時頃から、すでに辺りはシーン。

車の通る音が聞こえない。
バスは。。すでに運行を中止にしているみたい。


DSC00085.jpg


先週始めから、金曜日は雪が降る。
という、アナウンスがずーーっとあったのに、

バス会社はなにも対策を立ててなかったのか。
せめて、バスの半分にはチェーンを取り付けるとか。

フィレンツェ市はなにも対策を立ててなかったのか。
せめて、翌日は固くなって凍結した雪を取り除くとか。


DSC00098.jpg


金曜日は、各々が携帯電話をかけまくり、
不通になることしばしば。

相方の同僚は、アレッツォへ仕事に行き、高速に乗ったら
遅々として動かず、家へたどり着いたのは24時間後。
買い置きの水や食料がなかったから、雪を食べて凌いだらしい。
ガソリンが充分にあったのは不幸中の幸い。

ほかにも、シエナまで6時間かかったとか。
バスが不通だったから、雪道を3時間かけて歩いて帰ったとか。

インターネットの回線はいまも不安定なので、
わたしは今日はiPhoneでネット。


DSC00091.jpg


金曜日に降った雪が、まだ残っているフィレンツェ。

50年ぶりの大雪だったそうな。


一夜明けた土曜日。


DSC03148.jpg


雪道に慣れていない、ローザ姉さん。
きゃ~ すべる~ ぎゃー こわいー 
ようこ、まって~~~(涙)

雪道に慣れていない、相方。
よちよち よちよち
歩き始めた赤ちゃんみたい。

中心街にたどり着くのに、どのくらいかかるやら。。


歩いて中心街に赴いたフィレンツェ人多し。
み~んな、観光客のように、あっちをパチリ こっちをパチリ。


メディチ家のなかで珍しく軍人として活躍した
ジョヴァンニ・デレ・バンデ・ネーレ。

どうして、座った彫像になんてしたんだろう。
威風堂々感がまるでなし。しかも、雪かぶって寒そう。


DSC03162.jpg


フィレンツェをソリでお散歩。 

いいなあ


DSC03176.jpg


やっとドゥオーモに到着。


DSC03170.jpg


雪の舞い降りたフィレンツェは、美しかった。


DSC03171.jpg


DSC03203.jpg



フィレンツェの26日までの天気予報は、雨のち晴れ。
最高気温は6度~12度の幅。

ここ1週間は雪の心配はないようです。


DSC00101.jpg

音楽は俺の宗教だ

と言ったのは、ジミーヘンドリックス。

(Music is my religion by Jimi Hendrix)

ジミーヘンドリックスは70年代のロックギタリストの神様。
通称 ジミヘン。

知らない人もいるかも ? こんな感じです ↓



ガンゾ!! (かっこいい!)

彼はイタリア人ではありません。アメリカ人です。
どうして、今回の話題に彼が登場したか。

ローマにある"ab&c grafica e multimedia scarl"という会社が
ジミヘンの言葉に触発されたのか、
往年のロックの神様を聖人化したマグネットを作ったのです。


151930579-f0e094c8-472b-4332-ac09-a784a009bc7a.jpg

151930629-d0907640-47e3-4f6c-adcf-00d8575c952f.jpg


マイケル・ジャクソンや


jackson.jpg


ジョンレノンもいます


john.jpg


公式サイトでは、アーティストの人気投票も実施中。
現時点でのナンバー5はこんな感じ。

1) フレディ・マーキュリー
2) ジョン・レノン
3) ジム・モリスン
4) ジミー・ヘンドリックス
5) エルビス・プレスリー


ローザ姉さんの彼氏に贈る
クリスマスプレゼントにいつも頭を悩ませるけど、
今年はこれで決まりです。

フィレンツェでは、共和国広場にほど近い、
RICORDI MEDIA STORES – via Brunelleschi 8r
で販売しています。

ロックが好きな人に、
クリスマス限定のちょっと変わったおみやげ、いかがかな?



ホワイト・フィレンツェ

今日、12月17日現在のフィレンツェ。

しん しん しん しん 

DSC00077.jpg


しん しん しん しん


DSC00071.jpg


しん しん しん しん


DSC00070.jpg


雨は、パチパチ ザーザー 音がするけど、

今日は、シーンと音のない空気のなか、
フィレンツェの街が雪化粧されています。

うっすり薄化粧なら、綺麗だなあ~。
なんて、呑気に言ってられるけど、

まだまだ止みそうにない気配。

過去10年で、こんな白いフィレンツェ初めてかも。

大雪に慣れていないフィレンツェ人。
今日の夕方から、フィレンツェの交通網は麻痺するでしょうねえ。

中心街はさぞ美しいことでしょう。
明日、行ってみようかな。。。 今日は、外出はやめにしよう。。


シエナの夜の表情

シエナ最終編は"夜"。

いまは冬時間だから、空に明かりは残っていても、
地上はとっぷりくらくなる、17時頃。


DSC02780.jpg


明かりが点々と灯りはじめ、
ウインドウショッピングを楽しんだり、
トラットリアが明るくなったり、
それぞれが、夜の支度をはじめる時間。


DSC02776.jpg


子供達は、寒いのへっちゃら。
そのまま座りこみ ぺちゃくちゃ わいわい。
カンポ広場でおしゃべりなんて、贅沢だな~。 


DSC02784.jpg


カンポ広場に堂々と立つ市庁舎。

市庁舎内にある市立美術館は必見ですよ。
良政・悪政を表現したフレスコ画が相対して描かれています。
1300年代に描かれたけど、良政・悪政は700年経ったいまも変わらず。

まあ、人間の世界ですから。 
変わらないものもあるってもんです。

ということは、もしかして、人間、進化していない !?


DSC02791.jpg


2回目にシエナへ行ったときは、カンポ広場に市が立っていました。

この日は雨が降ったりやんだり。
地面が濡れていたので、光がより艶やか。
歴史ある重厚な建物。 闇に広がる優しい光。

しばし、佇んで、美しさにため息。


DSC02848.jpg


DSC02847.jpg


前回はお化粧されていなかった市庁舎も、すっかりクリスマスモード。


DSC02851.jpg






シエナの夕方の表情

夕方は、シエナ大聖堂の付属美術館へ。

意外に規模が大きくて、しかもテラスへも登れるので、
寒かったけど、美しい風景に魅了されて
ついつい長居をしてしまいました。

こちらがテラス(?)というのやら。
いちば~ん上まで登れます。

IMGP7615.jpg


いつ終わるともしれぬ螺旋階段を
グルグルと廻って、息を切らしながら。
しかも、往復通行なので、
せま~い階段ですれ違いながら。


DSC02769.jpg


高所恐怖症の人はちょっとダメかも。


DSC02731-1.jpg


ずっと雨だったけど、この日だけ天気がよかった。
青空がきれい。


IMGP7680.jpg


カンポ広場が、ポスターの風景のように
美しく眺められて、登った甲斐があったというもの。


IMGP7696-2.jpg


遠くの山はうっすらと雪化粧。
寒いはずだ。


IMGP7660.jpg


ちょうど夕暮れ時だったので、
刻々と移り変わる街の表情にうっとり。


IMGP7669.jpg

IMGP7676.jpg

IMGP7684.jpg


日も落ちて段々薄暗くなってきたので、
そろそろ降りるとしよう。


IMGP7719-3.jpg


それにしても、美しき古都シエナ。


シエナの昼の表情

初めて訪れたときは、道が細くて建物が高くて、
息苦しさ感じたシエナ。

でも、人見知りのシエナの精霊が、
少しずつ歩み寄ってくるかのように、
訪れる度に好きになる街、シエナ。


DSC02682.jpg


フィレンツェとは、中世の時代から犬猿の仲。
1260年のモンテアペルティの戦いではシエナが勝利。

赤い百合の紋章がフィレンツェ。
刀を振りかざして襲いかかろうとしているのがシエナ。


Battle_of_Montaperti.jpg


時は流れ、
トスカーナ大公となったメデイチ家のコジモ1世が
トスカーナ制覇をめざし、1555年に、シエナも陥落。

だから、いまはシエナの街でも、メディチ家の紋章を見かけます。

いまのシエナとフィレンツェとの大きな違い。

それは、PULIZIA !!

PULIZIAとは、清掃のこと。

シエナは、どんな大通りにもゴミが落ちていない!

犬の糞も落ちていない!

人の通行を邪魔する物売りもなし!

シエナ住人のひとりひとりが街を大切にする気持ち。
彼らの努力があるから、いまでも、他所からくる私たちも、
当時の雰囲気を残した古都を体感できるのでしょう。

この日はたまたま広場に市が立っていて、
業者の車が駐車していたのだろうけど、
駐車場の問題はフィレンツェとどっこいらしい(笑)


DSC02812.jpg


カンポ広場を取り囲むパラッツォ
建物の側面は、貝のような広場の形に合わせて、
左後ろにちょっと傾斜しています。

昔から街の美観を重要視するシエナ。さすがです。


DSC02703.jpg


この日はサッカーの試合がシエナであって、
対戦相手のノヴァーラのチームが旗を広げて
シエナ市庁舎に向かって応援歌を声高々に歌っていました。

広場は建物に囲まれているから、響くひびく。

でも、ノヴァーラってミラノとトリノの間くらいにある街。
我がサッカーチームを応援するために、
遠路はるばる南下してきたのね~ 脱帽。


IMGP7607.jpg


ロマネスクとゴシック様式が融合した
美しいダンダラ模様の大聖堂(ドゥオーモ)。


DSC02709.jpg


大聖堂の前には、いまは美術館になっている
サンタ・マリア・デッラ・スカーラ病院があります。

この美術館はと~っても規模が大きく、というか、
地下に向かって深く、エトルリア文化の遺跡も見学可能。
階段を降りるごとに、タイムカプセルで旅行しているみたい。


DSC02711.jpg


シエナもクリスマスの飾り付けでお化粧されていました。


DSC02681.jpg


シエナの美術館を廻るのに、カルネのような切符があり、

ー 市立美術館
ー 大聖堂付属美術館
ー サンタ・マリア・デッラ・スカーラ病院(美術館)
ー 洗礼堂

上記4カ所をまとめて見ることができます。
料金は1枚 14ユーロ と、かなりお得です。
しかも、有効期限は購買日から7日間。

閉館時間が比較的早く、16時頃に閉まってしまうので、
有効期限が長いのもありがたい。

わたしは、2日間梯子してシエナへ行ってきました。

次回は、シエナの夕方の表情をお伝えします。


DSC02818.jpg


魔法の雫

今秋はいろいろなところで
オリーブオイルの試飲をしてきました。


DSC02981.jpg


2年前は不作だったけれど、去年・今年と2年連続で美味いです。

オリーブオイルは、当然のことならが、

オイル = 油 

というイメージ。


IMGP7463.jpg


調理にも使われるので、もちろん、”あぶら” なんですが、
オリーブオイル作りの工程を見てると、
実際は、オリーブの果汁なんだあ。と実感。

エクストラヴァージンは、いわゆる、一番搾り。

オリーブの木に梯子をかけて、
手摘みで実を摘むところが多いイタリア。

オリーブの実は、酸化すると味が落ちる。
摘んだら、即、フラントイオへ直行。

フラントイオとは、オリーブ圧搾所。


ごろごろ ノシノシ ごろごろ ノシノシ

DSC02935.jpg

昔は、大きな石臼を牛に引かせて、実を丸ごと圧搾していました。


実を丸ごと圧搾すると、当然のことながら、
オリーブの種も潰されます。


うんしょ うんしょ   ぎゅーっ  ぎゅぎゅーっ

DSC02932.jpg

きれいなオリーブオイルにするために、
砕けた種などの、いらないカスを取り除く作業。


トロトロ  トロトロ トロトロリン

DSC02934.jpg

絞りたてのオリーブの果汁が、流れ出てくるのを受け止めます。

これがオリーブオイルのできる過程の概要。

人力から機械に変わったとはいえ、
いまも昔も、オリーブオイル作りの過程は一緒。


ここはフラントイオ。

オリーブ畑のあるところでは、小さな村でも
1箇所は、共同利用できるフラントイオがあります。

フラントイオで摘んだばかりのオリーブの実を
バサバサと投げ入れ、まずは重量を計ります。


IMGP7467.jpg


重量を計り終えたら、
摘むときに混じった葉っぱを取り除き、水洗い。


IMGP7506.jpg


IMGP7538.jpg


圧搾して、カスを取り除き、出てきます。

魔法の雫。


IMGP7544.jpg


はぁ~っ 美味しそう。


みんな、摘み取り、お疲れさまでした-!

さあ、搾り立てのオリーブオイルの美味しさを分かち合いましょう!


DSC02944.jpg




たいてい、田舎で開催されるオリーブオイル試飲会では、
併設会場でランチや夕食が食べれます。

メニューはもちろん、オリーブオイルを
美味しく正味できる伝統料理が勢揃い!

オリーブオイルの味が引き立つお料理といえば

リボッリータ

DSC02948_20101210232826.jpg


ポレンタ

DSC02951.jpg


煮豆

DSC02957.jpg


フェットゥンタ

DSC02979.jpg


オリーブオイルの試飲では、たらふくパンの欠片を食べるので、
フェットゥンタは注文しませんでした。
なのでわたしが撮った写真はないので、広告用を代用で。


イタリア人にとってのオリーブオイル。
日本人の醤油と一緒。

どこにでも、なににでも、スーっとひと雫。魔法の雫。


[ 2010/12/10 23:59 ] @ 美味なるもの | TB(0) | CM(0)

田舎の肉屋さんでショッピング

昨日、12月8日は祝日でした。

わたしの場合、

この日が来るまで、

クリスマスまで、まっだまだー

なんて余裕を見せている。 

が、この日を境にして、

あれっ あともう少しでクリスマスじゃない。
あ~ どうしよ。

真剣に、クリスマス・プレゼントを考え、焦り、悩み
始めるのであります。



毎年恒例、相方の家族関係の方々には、
もらって残るものではなく、消えもの系、
食べ物関係をプレゼント。

その年によって食材は変わりますが、今年はハム系かな~。

この日は雨降る中、車を飛ばして田舎の肉屋へと。


DSC02925.jpg


このお店では、お肉も売っていますが、

自家製の、
サルシッチャ(ソーセージ)、生ハム、クラテッロ、カポコッロ ・・・・


DSC02916.jpg


DSC02921.jpg


などなどを作っていて、美味いのであります。


奥で切っている肉の塊は、
トスカーナ名物のT-ボーンステーキ。

これをそのまま火にかけて、サクっと5分がマックス。
もちろん、レアです。


DSC02926.jpg


T-ボーンステーキは相方のお母さんがご購入。

手前に見える黄色い包装紙に包まっているのが
私たちのショッピングの品々。

家族・親戚のプレゼントの一部はこれで終了~!



[ 2010/12/09 23:32 ] @ 美味なるもの | TB(0) | CM(0)

白衣の天使

この彫像


DSC02909.jpg


そして、この女性

300px-Nightingale-illustrated-london-news-feb-24-1855.jpg


さて、誰でしょう。









答え: ナイチンゲール



この彫像がどこにあるかというと、


DSC02912.jpg


フィレンツェのサンタ・クローチェ教会の中庭。
正面に見えるのは、教会内部にあるパッツィ家の礼拝堂。

ナイチンゲールは姓で呼ばれることが多いので
名は、あまり知られていませんが、
フルネームで、フローレンス・ナイチンゲール。

彼女はイギリス人。
でも、両親が新婚旅行中にフィレンツェで生まれたため、
フローレンス(フィレンツェの英語読み)と名づけらます。


→ ナイチンゲールを知りたい方はこちらからどうぞ。


フィレンツェのサンタクローチェ教会は
アッシジの聖フランチェスコ派の教会。

聖フランチェスコもナイチンゲールも、
裕福な家庭に生まれながら、その社会的地位を捨て去り、
貧しき人々や病人を助けるために、献身的に奉仕した人物。


DSC02907.jpg


だから、フィレンツェのなかでも、
このサンタクローチェ教会に
彼女の記念碑が残されているのでしょう。

いまはガイドのお仕事をしていますが、
10代の頃は看護婦さんになりたかった。

おっちょこちょいなので、
0型の人に、間違ってAB型の血液を輸血しちゃったらどうしよう。
注射をするのに、空気を入れちゃったらどうしよう。

不安に苛まされ続け断念しましたが(笑)、
いまでも看護婦さんに憧れ尊敬しています。

近代看護教育の生みの親と言われるナイチンゲールと
フィレンツェの意外な関係。 


DSC02908.jpg


出口を正面に見て、向かって左側の2番目にありますよ。




寒いっ!

今日はトスカーナで早くも

雪 !!!  

降ったらしい。


neve_nevicata_dicembre09a.jpg


このままいくと、フィレンツェもホワイトクリスマス ?!

ちょっとした雪でも、交通マヒに陥るフィレンツェ。
怖いなあ~。

今朝のフィレンツェは、ちょっと曇りだったけど、
突然、ゴロピカっ!  ザーザー ザンザン の土砂降り。
そうかと思えば、青空が出たり。

普通だったら11月は雨期で、12月には晴れ間がでるけど、
今年は去年に引き続き異常気象のようで。。

ガス代と電気代が高いフィレンツェでは、
なるべく節約、節約。

そんな寒い部屋で完全防備で仕事をしていると。。。


DSC00045.jpg


え ?  姫の体半分はどこへ ?




DSC00048.jpg


ね~こはコタツで丸くなる ♪

コタツがないからねえ
姫も寒いんだね~

姫用のマクラの下に半身を潜らせていました(笑)
しかし、どうやって潜ったんだろ。


人間は節約のために寒い思いをしているけど、
電気毛布を点けてあげるか。

だって、彼女は御姫さま。
わたしは下僕。


よろよろ~ へとへと~

譲るよ

え~ いらな~い

大きいよ

いいの。これで充分。

・・・・・・・・。
だって、新しいの注文して届くの待ってるところ。

え~~ (ムキっ) !


相方はカメラお宅。PCの頃はPCお宅。
いまやマック大好きおやじで、マックお宅。

わたしはここ数年、ずっとラップトップ。
どこへでも持ち運びできて、便利。

しかも、突如停電になること、イタリアでは日常茶飯事。

デスクトップだと、しゅ~ん と作業途中で落ちてしまう。

でも、ラップトップだと、

あら、停電なのね。 

涼しい顔で作業を続行できる。


なのに、相方、自分が新しいのを買ったから、
お古になったデスクトップを譲ろうと言うではないか。


ラップトップは緊急用や外出用にすればいいじゃん。


そんなスッタモンダの会話のあと、

突然 こちらから


mac book


こちらへ、移行をさせられたワタシ。


3_20101203005056.jpg



もう~ !!
お引っ越しが大変だったんだから~!


アカウントを二重に作ってしまって、インストールしなおし。

メールソフトはMailとThunderbirdを併用しているけど、
Thunderbirdのデータ移行がまったく上手くいかずに
滞ること、2日間。 イライラ いらいら いらららら

途中お仕事が入って、2日間中断。

それ以外にも、今回は、
まあ、いろいろと問題続きでありました。

メールの返信が来ないな~と思っていた、みなさん。
大変 大変 失礼しました。

メールの送受信がなかななかできずに、
あれこれいじっていたら、なんと、ラップトップからも返信が
できなくなってしまっていたのです。

あー 疲れた。 やっと新居へ移動できました。

なんていうんでしょう。

四畳半でそれなりに快適暮らししていたのに、
突然八畳間に部屋替えされて、
広々とした空間に慣れず。

そんな心境です。


気がつけば、もう12月。 師走ですね~。

2010年もあと少し。
できるだけ多く更新しますので、よろしゅうお願い致します (_ _)

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。