fc2ブログ
2009 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 09








ダヴィデ像とヴァイオリンの名器のコラボ

フィレンツェのアカデミア美術館には、360度の角度で見れるオリジナルのダヴィデ像があり、いつもたくさんの人に囲まれています。 ミケランジェロが生み出した、このダヴィデは、「世界で最も注目されるセクシーな男。」ではないでしょうか(笑)。

ピクチャ 1


ダヴィデ像が展示されているアカデミア美術館のお隣には、国立音楽学校があり、美術館と音楽学校が提携して作られた楽器博物館があります。 ここには、メディチ家紋章入りのストラディヴァリ作のヴィオラやヴァイオリンも展示されています。

そんなこんなで実現したのかどうか経過は分かりませんが、 今年11月に1回だけ、このダヴィデ君が、ヴァイオリンの名器「ストラディバリウス」とコラボすることになりました。 ダヴィデを独り占めして、さらには、めったに聞くことのできない本物のストラディバリウスが、ヘンデル、ドヴォルザーク、メンデルスゾーンなどを奏でます。

testata_web.jpg


ヴァイオリンの名器といわれるストラディバリウスは、イタリアのクレモナ出身で弦楽器製作者「アントニオ・ストラディヴァリ」の名前から付けられています。彼は1600年中期に生まれ、なんと94歳まで生きました。 画家、音楽家、彫刻家、なにかしら芸術に携わる人って、長生きするんですねえ。 ちなみにミケランジェロは89歳まで生きました。

ストラディヴァリは、素材となる木の選択、カーブ、反り、厚み、塗装などに独自の製作方法を考え出し、いままでにない美しい音色を奏でるヴァイオリンが誕生しました。 そのほかにも、ヴィオラやチェロなでを製作し、世界で約800丁が現存しているそうです。 もし値を付けるとしたら、平均5億円とか。 

Paganini Quartet


彫刻と楽器。分野の違う最高峰の芸術の融合。 なんかすごそうだなあ。 ストラディバリウスは、世界で最も重要なコレクションを誇る団体の1つ、日本音楽財団から貸し出されます。 そして集まったお金は、音楽学校や若者育成のために使われるようです。


「ミケランジェロ作ダヴィデ像とストラデイヴァリウスが共演」
日時:11月7日(土) 21時から
場所:Galleria dell'Accademia(フィレンツェのアカデミア美術館)のダヴィデ像の前

チケット:
• I settore 400 € (コルシ・トルナボーニ宮殿で演奏者達との晩餐会あり) 
• II settore 200 €  (コンサートのみ) / 300 € (コルシ・トルナボーニ宮殿で演奏者達との晩餐会あり)
* ( コルシ・トルナボーニ宮殿については、8月29日に掲載)。

コンサートの詳細はこちらまで。インターネット販売は9月15日からです。



******* お知らせ! ヴァザーリの回廊の個人予約 !! *******

通常は12名以上や8名以上で英語ガイドが案内しますが、7月から新しく5名以上から日本語ガイドで案内できるようになりました。

今年の9月からヴァザーリの回廊は修復に入り、修復開始時期が延期になりました。2009年11月14日まで予約受付中! 次回の 来年からの公開は未定の状況。年内にフィレンツェに来られる方は、ぜひご一考くださいね。

催行日の1週間前まで申し込みを受け付けています。

9月 5日(土) 14名様からのお申し込み ←催行決定! 申し込みは終了しました。 ありがとうございます。

9月12日(土) 3名様からのお申し込み ←あと2名で催行決定。

9月26日(土) 2名様からのお申し込み ←あと3名で催行決定。

もし最小人数5名に満たない場合には、英語ガイドに振替になりますことを、ご了承ください。


<ヴァザーリの回廊のみを見学される場合>
日時:毎週土曜日の16時30分から約90分間
料金:お1人様120ユーロ
ガイド:日本語

<ウフィッツィ美術館とヴァザーリの回廊の両方を見学される場合>
日時:毎週土曜日の15時15分からで約3時間
料金:お1人様140ユーロ
ガイド:日本語


>>>>>>> お問い合わせ先: yoko.ig@gmail.com <<<<<<<<<










スポンサーサイト



[ 2009/08/28 20:41 ] @展示会やコンサート | TB(0) | CM(0)