2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プチバカンス2

田舎のお野菜は不揃いだけど、味はバツグン!





海辺のランチはフルーツ オンリー。
今日は白桃と黄桃でした。

スポンサーサイト

プチバカンス

トスカーナ地方の海沿い地区
マレンマでプチバカンス中

IMG_0834.jpg


昨日はすごい良いお天気で、遥か遠くにはかすかにコルシカ島も見えるほど
目の前の島は、ナポレオンが流刑にされたエルバ島。
エルバ島も美しいところですが、8月は人がたくさん。
行くなら8月以外がお勧め。

約1週間のプチバカンス。
シュノーケリングをして読書して昼寝して。
ぐうたら三昧を謳歌中。


IMG_0842.jpg


香りたつ、トスカーナ

この時期、フィレンツェの郊外やトスカーナは、
花の香りに満たされます。

ジャスミンの花は、朝に窓を開けた時に
ふわ~と香りが忍び込んできて、朝から幸せな気分。

DSC00579.jpg


公園や並木道に植えられているリンデン。

リンデンがたくさん黄色の花をつけて
むせかえるような、甘い香りを漂わせています。

DSC00673.jpg


1つ1つは小さなちいさな花なのです。

DSC00675.jpg


薔薇は咲き誇り、茶色のトスカーナの田舎家に良く映えます。

DSC00603.jpg


雨が止んだあと、水滴をつけてた白薔薇

DSC00607.jpg


雨が止んだあと、トスカーナの風景

DSC00595.jpg


オリーブの花が咲く時期でもあります。
とっ~っても小さな花です。

DSC00575.jpg


丘の上に咲いていたヤマユリ。

午後はザンザン ゴロゴロ すごい天気でしたが、
夕方遅く、やっと青空が見えて来ました~。

DSC00635.jpg


いまのトスカーナは、葡萄の木が葉っぱを生い茂らせ、
あたり一面、緑 !

DSC00630.jpg

聖人の名を持つ街

サンジミニャーノって、

1) サン ・ ジミニャーノ
2) サンジ ・ ミニャーノ

どっちでしょう?


DSC09771.jpg


<正解> 1) サン・ジミニャーノ

イタリア語表記だとSan Gimignanoとなります。


DSC09773.jpg


サンピエトロやサンマルコに代表される聖人達。 
この街の聖人ジミニャーノって、音だけだとなんとなく地味。
ただ単に"ジミ"がつくから ?   失礼。

実はこの聖人、モデナの司教でした。
397年に亡くなっています。

生前にサンジミニャーノの村が
フン族に侵略されようとしたときにジミニャーノが防御し助けらしい。
村人は感謝し、彼の名を付けたと言われているようです。

さらに、時は452年、
フン族がイタリアにまたも侵略しモデナに火が放たれます。
人々は生前から民衆の信仰心を集めていたジミニャーノに助けを求めます。

すると !  あ~ら 不思議 !!

瞬く間に街全体に濃い霧が立ち込めたのです。

フン族は五里霧中に立たされ
モデナを後にし南に移っていったとこのです。

モデナの聖人も、だから、やはり、
サン・ジミニャーノなんです。
でも表記はちょっと異なって、San Geminiano。



DSC09766.jpg


丘の中腹にいくつもの塔が立つ風景。
サンジミニャーノの街は、遠くからでも良く見えます。

絶頂期には72本、 
1580年には25本の塔が存在しており、
いまは14本。

いつも人で混み合っているけど、
サンジミニャーノを遠くから見ていると、
中世の時代へとイマジネーションがかき立てられます。


DSC09746.jpg


中世時代の雰囲気を残す
メインストリートの両側に並んでいる
雑貨、マヨルカ焼き、ジュエリーなどの
小さな店も目を楽しませてくれます。


DSC09728.jpg


街の中心にあるドゥオーモのなかも、アート好きには必見ですよ。
アッシジのフランチェスコ大聖堂のように、
規模こそ違えど内部の壁画全体にフレスコ画が残されています。

チラ見でちょっとだけ。

ノアの箱船のワンシーン。 動物達がかわいい~。

fiorentino004.jpg

Bartolo di Fredi バルトロ・ディ・フレディ作
(約1330年~1410年没)


イタリアの小さな街を歩いていて好きなところ。
それは、観光地なのに生活の匂いを感じるところ。

たとえば、街はとっても素敵なのに、
イタリア人を見かけるのは観光人相手に働いている店員さんだけで、

洗濯物が気持ちよく風に翻っているシーンとか、
おじちゃんやおばちゃんがおしゃべりしているシーンとか、
お母さん達がベビーカーを押しながら散歩しているシーンとか、

日常のなんでもない光景がない風景って、
作られた空間みたいで、物足りない。

生活空間と観光が共存しているイタリアって、好きだなあ~。

DSC09736.jpg

今年初のワイナリー訪問

お待たせしました !  3月初めての更新です。

実は日本へ一時帰国するので、
3月と5月に来れるお客様の日程と、
今回は相方を連れての帰国になるので
私達の日本 銃弾?縦断? 旅行計画と、
帰国時にわたしの親戚ご一行が一緒に来るのでその計画とで、
頭は、すっちゃかめっちゃか状態です(笑)

そのために、3月中旬から4月下旬までは、
日本旅行と親戚旅行同行になるので、
お客様への返信が遅れ気味になるかもしれません。
4月にフィレンツェ旅行ご計画中のお客様へは
わたしの不在中は、知人のガイドを紹介します。

ご迷惑をお掛けしますが、ご理解の上、
何卒宜しくお願いします ( _ _ )

さて、本題!

春の足音が聞こえ始めたトスカーナ。
今年初のワイナリーへ行ってきました。


IMGP5529.jpg


お客様は、イタリア、フランスと様々なワイナリーを訪問された方。
訪問先を伺ってみると、
美味しいワインを作っている中~大規模のワイナリー。

何度もフィレンツェへ訪れて下さるので、
だいたいのお好みも把握させて頂いている方。

なので、今回は、ファミリー経営で愛情いっぱい込めて作っている
少量生産のワイナリーをセレクト。


IMGP5571.jpg


昨今は、インターナショルナル的ワイン、「スーパートスカン」が流行ったりして
カルベネやメルローなどの、フランスの葡萄種を
配合しているワイナリーが多いなかで
ここのワイナリーは、トスカーナの地元品種、
サンジョヴェーゼ種だけを育ててワインを作っています。

場所はキャンティクラシコ地区。


DSC08833.jpg


まだ葡萄の木は冬眠中。
そろそろお目覚めかな?


IMGP5524.jpg


オーナーのパオロは、
ちゃんと育っているか、害虫や病気にかかっていないか
葡萄の木を1本づつ点検中でした。


DSC08827.jpg

年代順に並べられたワイン。う~ん いい感じ!


IMGP5545.jpg

地下にあるセラー。 

そして試飲!

DSC08830.jpg


前日に年代順のワインを飲み比べる試飲会があったらしく、
わたしたちが行った時も、97年から06年までのワイン、
そして販売前の07年のワインをずらりと飲み比べることができました。
うわ~い ラッキー ♪


その後、わたしたちは、パンツァーノにある
チェッキーニへの向かったのです。

つづきは次回でご紹介しま~す。



余談ですが、久しぶりにQueenに戻っていて、
今回のBGMもQueen。  いいわあ。















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。