FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08








ボッティチェッリの春


これは、ウフィッツィ美術館の門外不出の絵

ボッティチェッリの「春」


Botticelli_Primavera_1482.jpg


この春は、ロレンツォ豪華王のいとこにあたる
ロレンツォ・ディ・ピエロフランチェスコとジョヴァンニ・ディ・ピエロフランチェスコ
が所有していたと言われたいます。

余談ですが、このロレンツォとジョヴァンニの兄弟は、
1496年にメディチ家が失脚してフィレンツェを追われることになっときに、

ボクたちはメディチ家でも庶民のなかま!

なんてことを言って、姓を il popolano に替えたと言われています。

il popolanoは、日本で言えば 「民衆の」の意味。
だから、民衆のロレンツォ と ジョヴァンニ ということになります。

まあ、シタタカというか、なんというか。


そして、前回にも出て来たカステッロの庭園。

ここには、この春のヒントになったのかな?

と思われる雰囲気がある一角があります。
それがこここ。


DSC02308.jpg


春になれば、花が咲き乱れる庭園。

な~んとなく、雰囲気がありません?


さらに、このカステッロの庭園は自由に散策できますが、
城内には入ることができません。


DSC02320.jpg


なぜなら、 Accademia della Crusca が入っているからです。

Cruscaは、フスマやむぎかすの意味。


どんな機能? なにしてるの?


輸入されてきた不必要な外国語を排除して
美しいイタリア語を保持するための機関なのです。

だから、フスマやむぎかすは、いわゆる雑語を表しています。

日本語は便利な言葉で、外国語をそのままカタカナ表記できますが、
そのために、美しい日本語や日本的表現が曖昧になるという
危険な可能性もはらんでいます。

中国語は的を得た漢字で外来語を表現していますが、
イタリア語も同じような努力をして、母語イタリア語を守っているんです。

例えば ミッキーマウスは、イタリア語でトポリーノ。
トーポはネズミ。 小さなネズミだから、イーノをつけて、トポリーノ。

設立は1582年。 
1612年にはイタリア初の「イタリア語辞書」を出版しています。


カステッロまではフィレンツェから市バス28番で行くことができます。

春の花が咲き乱れる頃に行けば、さぞや美しいことでしょう。

5月になったら、ボッティチェッリの旅をしてみませんか~?
興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい♪

路面電車トランヴィア 発車!


2月14日 バレンタイン・デイの日、
フィレンツェ市の告知通りに
路面電車Tramvia (トランヴィア)が発車!

午後に、どんなもんかと
冷やかしに行って参りました。

なんか不思議~ 近未来な感じ~


DSC08609.jpg


何年間もすったもんだの討論の的だった
トランヴィア

そんな曰く付きのトランヴィアの始動日に(笑)
フィレンツェ人が無関心でいられるはずはない !

賛成派、反対派、
この日は、「とにかく乗車」あるのみ 


ぎゃ~ 想像はしていたものの、
やっぱりすごい人


DSC08611.jpg


ホームいっぱいの
人、人、人


降りる人
↓↓↓

DSC08618.jpg


乗る人
↓↓↓

DSC08617.jpg


窒息しそー

日本のように、

「整然と列を作って待つ」

なんてことを求めるのは、無理らしい。



ぎゅうぎゅう 背中を押されそうだ

もみくちゃにされそうだ

スリにも遭いそうだ



「わたしは、混雑が過ぎ去った頃の平日に、乗車しよう。。」



*****

今回始動したトランヴィアは「ライン1」と呼ばれ、

現在は、中小規模の見本市会場になっている
旧鉄道駅を改装した 「レオポルダ駅」

そして、カッシーナ公園のなかを横断して

スカンディッチというフィレンツェのベッドタウンと
フィレンツェの中央駅までを
往復運行しています。


トランヴィアの影響か、今日、月曜日の市街では、
遅々として動かぬ交通渋滞が発生していました。

やっとトランヴィアは始動しましたが、
今後は、この渋滞回避の対策を考えなければ、ですねえ。

みんなが住みやすい街を目指して、
がんばれ ! フィレンツェ!! 

ついに始動!

2010年2月!  

フィレンツェの新しい1ページが開かれようとしています。

そう、これです。

LogoTramvia1.jpg

1月のブログ「始動発車間近!」 でお知らせした路面電車「トランヴィア」。


2月14日から始動開始 (予定) ←ここ大事 ^ ^ !

Line 1 線: 
2~3月は 6時30分 ~ 21時30分 /毎時8分 運行 
* 仕入れた情報では、2月14日からの1週間は、市民は無料で乗車できるそう。

4月からは、 5時00分 ~ 24時00分 /
平日昼間:毎時3.5分 ・ 夜:毎時12分 ・ その他の時間:毎時 6分 
切符は市バス券が販売されているところで購入できるそうです。


ここでちょっと補足を。。

でも~、 このトランヴィア運行に伴って、大変なことがっ !

→ バス停留所の大移動
→ マイカーの大移動

バスやマイカーを利用する人は、

どっちだ こっちだ!

と、さらながら民族大移動のように、右へ左へと移動させられ、 
フィレンツェの駅前が、カオス状態になること必至。

firenze4.jpg


ニュースには、
2月1日をもって、市街方面に抜けるための駅前の道路が、
マイカー乗り入れ禁止になります。

と、書いてありました。

これを読んだマイカー通勤者は、きっと、ムンクの叫び状態

いままで、この駅前の道は、ほぼ唯一といっていいほど、
マイカーが乗り入れできたところで、
出勤時、雨天、見本市開催のときなどは、
10メートルに20分もかかるような、
ギュウギュウの交通渋滞を巻き起こしていたのです。



さらに、ニュースは伝えています。
代替え案で、駅前へ向かう一方通行の道だけをマイカーが使えるようになりました。 

ということは、必然的に、この道に集中するということ。  
しかも、この道、via nazionaleは一車線のみ。
1台止まると、後列み~んな停車(汗)

遅々として動かない車。。
苛立つクラクションの音。。

ああ、考えただけで恐ろしい。

やっぱり、わたしは雨の日も、風の日も、チャリだわ。
雨用のチャリ用カッパを購入しなくちゃ(笑)



Tramviapag1.jpg


もちろん、駅に見送りやお迎えに行く人達を禁止はしません。
そこで、市長が考え出したのが、

Bacio & Ride

キスをしてお別れをしたら、すぐに車に乗り込んで
さっさと、その場を立ち去りましょう。

が、このキャッチフレーズの意味です(笑)

な~るほどね~  レンツィ市長らしい発案。


市長いわく、
「2月のフィレンツェは大変な混乱になるでしょう。」

   ***********

いつも ノロノロ運転
      ↓
あああ ストレス
      ↓
車で中心街に来るのがだんだん面倒で億劫になる
      ↓
トランヴィアは専用の線を使うのでいつも定時発着(たぶん)
      ↓
あっと言う間に駅前へ
      ↓
ああ、やっぱりトランヴィアにしようかなあ。
それか、健康のためにも、チャリにしよう。
(駅前に800台収容できる駐輪場設置予定)
      ↓
フィレンツェ中心街に乗り入れするマイカーが減る


が、フィレンツェ市の思惑なんじゃないかなあ。

キラキラ☆ピカピカ


見てみて~  ここはどこ ?   この光っているものはなに~???

DSC08501.jpg





な~んと、 宝石 & 貴石  でございます。




こんな、アメジストとか、

DSC08497.jpg



ジャッンピ~ング ドボンして、泳ぎたくなるような
エメラルドグリーンの石とか、

舐めたら甘そうな、キュートなピンク色の石とか。

Starred Photos


切符を購入して、真っ黒いカーテンをピラっとめくると、

そこは、

お~ !!!  すっご~い !!

 キラキラ  ピカピカ  


暗いスペース3部屋分に、
燦々と輝く、世界各国の石達が、
ぎっしりと展示されていました。


いや~ あまり期待しないで入ったから、驚いた。


ガラスに張り付いて、ため息をつきたい方、

ぜひ足をお運びください。 



これは、スペーコラという自然博物館の特別展示。

2009年4月1日から10月1日までの予定でしたが、
2010年6月30日まで延長決定 !

Museo Zoologico La Specola
クリスタル展示
住所:Via Romana, 17, 50125 Firenze
開館: 火曜~日曜 9.30 am - 4.30 pm
閉館: 月曜
料金: 6ユーロ (スペーコラとのコンビネーション切符 10ユーロ)

始動発車間近!

この前、駅前を歩いていたとき。

お~~~~ !!!   ついに !!



IMG_0345.jpg



ずいぶん、フィレンツェですったもんだの論争が繰り広げられた
路面電車 Tranvia(トランヴィア)。

本来なら3年前には完成していなければならなかったものの、
牛歩の歩みで、のんびり進んで行った工事がやっと完了したようです。

本当は3本の線ができるはずが、実際に始動するのはスカンディッチという
フィレンツェのベッドタウンからの1本のみ。

もう1本は、現在工事中。年内には、う~ん終わるかなあ。 奇跡に近いかも。
将来的にはフィレンツェ空港とサンタ・マリア・ノヴェッラ駅を結ぶ予定のこの路線、
完成したら空港からのアクセスが格段と楽になります。

さらにもう1本は、去年の市長選挙の論点にもなった、ドゥオーモの脇を通る路線。
すなわち、中心街を走る路線です。 現在のレンツィ市長は、計画はあっても
未着工だったこの路線を中止する公約を打ち出していました。

晴れて市長になった数ヶ月後、10月25日には、路線中止どころか、
ドゥオーモ広場を終日歩行者天国にすることを強行突破。
いまでは、10人に8人が歩行者天国に満足している。という調査が出ています。

そして、いま、やっと、路面電車も始動開始!
わたしが見たときは、試運転をしてるところでした。
間もなく、本始動になることでしょう。
(ああ、乗りたい のりたい。 うずうず)

IMG_0347.jpg



今年は、去年に拍車をかけ、フィレンツェが、
古(いにしえ)にしがみつくばかりでなく
21世紀にふさわしい、
環境を考えたエコな街にちょっとだけ装いを変えそうです。