2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

静岡おでん(日本紀行23編:静岡県)

Deep In Italy(ディープ イン イタリー)の
五十嵐さんに(わたしのHP名↑)、

"ディープな静岡をお見せしましょう!"

と連れてってもらったのが、ここ、青葉横丁。


IMGP1446.jpg


周囲はごく普通の風景。
鉄筋の新しいビルに、道路は広く整備されていて、きれいな街。

そんな21世紀の空間に、突如現れる昭和な風景。

え? ここどこ?

時間次元の歪んだ透明な壁を、
知らずに突き抜けたみたいな感覚。

常連さんなのか、
迷わず1つのお店のガラス戸をガラガラっと開け、

こんばんわっ!


IMGP1473.jpg


お~!
横丁の雰囲気を裏切らない店構えに、心ときめく私。

しかも!
この雑然としたカウンター、いいじゃぁないですか。


IMGP1460.jpg


そのなかで、目を引いたのが、鍋の景色。
真っ黒いソースの中から、串がツンツンと好き勝手に突き出ている。

??? ??? でいると、

これが、静岡おでん ですよ ♪ との説明が。


IMGP1468.jpg


初めて、"静岡おでん" なるものを拝見しました。

静岡県のおでんは濃口醤油を使い
鶏ガラ(および牛すじ)でだしを取った黒いつゆを使用する。
はんぺんは焼津産の黒はんぺん、
すべての具に竹串を刺し、
上に「だし粉」と呼ばれるイワシの削り節や鰹節、青海苔をかけて食べる。
by Wikipedia


鍋から好きな具を勝手に取って、
最後に串の数でお勘定するシステムらしい。


IMGP1478.jpg


IMGP1523.jpg


糸こんのグルグル巻き~。

食い意地が張って、撮るのを忘れちゃいましたが、
ちゃんと名物の黒ハンペンも頂きました~。

たまに、揚げ物で口を変えながら、
お~ とっとっと なんて、お酒を飲みながら、
おやじモード全開でとっても美味しく楽しみました。


IMGP1488.jpg


小空間のどこを見渡しても、昭和。
使いこなされた道具が、無言でお店の歴史を語っているようで、
暗闇や戸棚の角から、ひょこっと付喪神(つくもがみ)が顔を出しそう。


おでん


これで静岡の旅はおしまい。
東京へ北上します。

静岡では、富士山や茶畑を見て、
久能山東照宮へ行き、
静岡おでん、腸モツ料理屋、新鮮なお魚料理などを堪能し、
それはそれは、ディープな静岡を満喫できました。

それもこれも、良き案内人に恵まれたお陰です。
お世話になった方々、本当にありがとうございました。






スポンサーサイト
[ 2011/02/08 23:57 ] @日本紀行 | TB(0) | CM(2)

久能山東照宮(日本紀行22編:静岡県)

陰で写っているのは、ロープウエイ。 
わたしたちは、このなかにいます。

IMGP1201.jpg


日本平から約5分。 目的地は、久能山東照宮。


map.jpg


時間があれば、下からずっと石段を登っても行けるそうですが、
わたしたちは、日本平で富士山を堪能してから、
ラクチンにロープウエイで移動。

この、久能山東照宮も、愛知県岡崎市にある
成道山松安院大樹寺とともに、徳川家康公に縁のあるところ。


DSC09526.jpg


最近は日本に旅行する外国人が多しといえども、
偶然にも、徳川家康ツアーをしている貴重な相方。
よかったね~。 案内してくれる方々に感謝です。

これを機会に、食や文化だけでなく、
歴史ももっと勉強してくれると、わたしも嬉しいなあ。


IMGP1241.jpg


成道山松安院大樹寺は、家康が敗走から心機一転、
我が道を貫こうと決起した、徳川氏(松平氏)の菩提寺。

一方、久能山東照宮は、家康の波瀾万丈の人生の最終地点。
お墓があり、平成22年12月に国宝指定されています。


IMGP1299.jpg


この日はうららかな春日和。
清々しい空気と、優しい色の新芽が、建物と美しく調和。
こんななんでもない一角も、いいですねえ。


DSC09577.jpg


こちらは家康公のお墓。神廟(しんびょう)と呼ばれています。
神廟とは、神を祭る御霊屋(みたまや)。

イタリアでは、徳があり奇跡を起こした人物は、聖化されますが、
天下統一を果たし、平和な時代を築いた家康公も、
貴い人物として、やはり、立派な神廟に奉られているようです。

世界広しといえども、人間の考えることは、一緒のようですね。


IMGP1332.jpg


ふと、公の神廟の隣をみやると、別なお墓らしきものが。
なんと、家康公の愛馬のお墓だそうです。


DSC09573.jpg


公が亡くなったあと、愛馬は夜になると家康公神廟の脇で休み、
朝になると厩舎で餌を食べていたそうです。
ある朝、馬が厩舎に戻らなかったため神廟を確認したところ、
静かに眠ったままの姿で見つかりました。
(公式HPより抽出)

なるほどねえ。
家康公と愛馬は、きっと天国で再会したことでしょう。

由緒正しい立派な場所なので、
気を引き締めながら、感動しながら歩いていましたが、
愛馬のお墓にちょっと和んじゃいました。

山の上に建てられているので、境内は石段で繋がれています。

年月により色が風化した木肌の風合いは、情緒があって良いですが、
修復を終えたばかりと言うことで、
建物や意匠の1つ、1つが、華美で豪華。
日本ではめったにお目にかかれない、金襴彩色。 
鮮やかさに圧倒されます。


IMGP1345.jpg

IMGP1350.jpg

DSC09547.jpg


→ 久能山東照宮のHPはこちらから。


そろそろ、静岡編も終盤です。




[ 2011/02/07 23:44 ] @日本紀行 | TB(0) | CM(0)

魚市場(日本紀行21編:静岡県)


ここは、静岡市の魚市場。


DSC09512.jpg


旅行で訪れる魚市場といえば築地。
東京に出回る魚と、静岡に出回る魚とは、
ちょ~っと違うんだなあ。

こんな甘い誘惑にそそられ、
行ってきました、河岸の市。

ローカルな雰囲気が良い感じ。


IMGP1049.jpg


フィレンツェで見る魚とは当然ながら大違い。
魚の目がキラキラ 身がピカピカ


IMGP1082.jpg


しかも、静岡産の地モノも多く、
これぞまさに、キロメートル ゼロ。


IMGP0976.jpg



熱いご飯にかけたり、お酒のつまみにしたり、
どれもこれも美味しそう~。 

う~ん さすが日本。 いいですねぇ。


IMGP1025.jpg



木屑にまみれたカニ。
しかも、ブクブク言ってた。

こ、怖い。宇宙人のようだ。


IMGP1002.jpg


ちょうどランチ時間。
一軒ずつ冷やかしながら、辿り着いたところは、
場内にある食堂屋。 

もちろん、魚料理です。
頼んだのは、丼ものと、刺身定食。


IMGP1060.jpg


IMGP1067-1.jpg


美味しかったです~♪ また行きたい。

次回の日本旅行も、静岡はマストですね。


清水魚市場のHPはこちらから。
静岡に行ったらぜひお立寄を!
http://kashinoichi.com/



[ 2011/02/03 18:49 ] @日本紀行 | TB(0) | CM(0)

フジヤマ(日本紀行20編:静岡県)

外国人が日本から連想するもの

フジヤマ、スシ、テンプラ

茶畑を眺めながら
山を どんどこ どんどこ 車が登る


IMGP1415.jpg




オーーーー!  FUJIYAMA !

IMGP1177.jpg

ここは日本平
絵はがきのような美しさ

実は、相方は電車からチラっと見えたときから、
獲物を狙うがごとく、素早くカシャ カシャ カシャ
シャッター連写状態。

わたし? 他人のふり。


やっと落ち着いて、
しかもこんな堂々たる富士山を見ることができて、
とっても感動。


IMGP1430.jpg


わたしも、目の前に見える富士山の大きさに圧倒。
写真や映像で見るのとは全然違う。 本物の迫力。 
こうしてみると、やっぱり、でっかいですよね~。

なんという、
なだらかで穏やかで、凛とした美しさ。

頂上から少しずつ裾へ広がる雪も、
富士山を引き立てていいじゃないですかあ。

富士山の前をたなびく雲も、また情緒。

自然ってどうしてこんなに美しいのでしょう。

日本平のホテルのガラス張りのラウンジで、
目の前に見える富士山を充分に堪能してきました。

ここへは、仕事で知り合った教授に案内してもらったのですが、
ほかの場所へも、たっぷり1日、お付き合いして頂きました。
お忙しいなか、本当にありがとうございました。








[ 2011/02/01 23:35 ] @日本紀行 | TB(0) | CM(0)

お散歩(日本紀行19編:静岡県)

ある晴れた日のお散歩風景


IMGP0891.jpg


お散歩の主人公は、なんと猫ちゃんでした。

ちゃんとお洋服を着させてもらって、
桜の花が咲いている道ばたをお散歩。


IMGP0884.jpg

IMGP0885.jpg


我が家のお姫様は箱入り娘。
こんな風に外に連れ出したら、怖くて腰を抜かして一歩も歩けないだろう。
その前に、首輪と紐をつける時点で、大暴れでアウトだわね。

これは、慣れなんでしょうねえ。
飼い主も勝手気ままに散歩されるのは怖いけど、
天気の良い日には連れ出してお日様のなかを歩かせたい。
という気持ちから、紐で繋げての散歩を考えついたんでしょう。

でも、ほら、犬と違って、生来が自由気ままな猫。
一匹は右へ。一匹は左へ。
なかなか、飼い主の操縦が大変そうです(笑)


IMGP0881.jpg






[ 2011/01/31 20:17 ] @日本紀行 | TB(0) | CM(0)















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。