2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

彫刻と喜怒哀楽(サンタンドレア教会)

前回の続きです。

ファサードもさることながら、
この教会には、内部にある説教壇を見るためにやってきました。
それがこれ。

向かって左側の、彫刻で装飾されているのが目的の説教壇。


DSC03390_20110111233702.jpg


ローマ時代が崩壊し、混沌とした中世時代を迎えたイタリア。
人々が生きるために生きていた時代。
食べることや身を守ることが最重要だった暗黒の時代。

そんな状況から、少しずつ抜け出して、
人々の生活が少しずつ盛り返したとき、
再び目が向けられたのが、芸術。

ひっそりと佇むサンタンドレア教会には、
ピサの洗礼堂の洗礼盤やシエナの大聖堂のデザイン&製作を手掛けた
ジョヴァンニ・ピザーノが作った説教壇が残されています。

そして、説教壇の表面には、新約聖書のストーリーが
まるで空白を恐れるかのように、ぎっしりと、
隙間なく彫られています。


Yokos Blog


ちなみに、お父さんのニコラ・ピザーノは
ピサの大聖堂の説教壇を作っています。

彼らの名前や業績だけを聞いても、

ほ~そうなんだ。
なんとなく、すごそうだけど、なにがすごいの?
え? 誰?

う~ん・・・
なかなかストンと腑に落ちないですよね。

実は彼ら、中世時代に一筋の光を投げかけた
希有な彫刻家なんです。

自称「彫刻家」のミケランジェロが活躍した時代より約300年前。

神、キリスト、マリア、聖人。

新約聖書に登場する人物を、感情の持たない描写、
すなわち、シンボルのような描写で表現することが主流だった時代。
前回も紹介したような、ヘタ上手絵的な感じ ↓


DSC03434.jpg


それを、彼ら親子は、苦しみや悲しみや喜びなどの喜怒哀楽の
人間的な感情を、彫刻で表現した芸術家。 

その時、13世紀。

古代ローマ時代の芸術が忘れ去られてから数百年。
やっと新たに、芸術の第一歩を踏み出した作品の1つです。


東方三博士が幼子キリスト誕生のお祝いにやってくるシーン

DSC03406-1.jpg

後ろ二人の三博士が、顔を見合わせて、にっこりしている優しい表情。



新しい王が生まれたと聞いて、ヘロデ大王が
キリストと同年代の2歳以下の男児を殺害させているシーン

DSC03407-4.jpg

今まさに、兵士が赤ちゃんを母親の手から奪い殺害しようとしているところ。
母親の必死の表情、苦しむ男児、冷徹な兵士。



死後、天国行きと地獄行きに分けられる最後の審判のシーンの一部。

DSC03402.jpg

天使が天国へ行く死者を迎えに来ています
死者が、なんて穏やかな表情をしているんでしょう。


この説教壇は1301年に完成したということです。
1200年代後期は、フィレンツェの大聖堂なども建立した時期。
当時のバブル現象?!

感情に訴えかけた作品は、わたしの心にビンビン響きました。
当時の人々にとっては、もっともっと強烈だったはず。

12世紀の昔も、21世紀の今も、
人間の感情って、同じなんですね。




** アクセス **
フィレンツェからは電車でも行けます。
毎時1本あり、所要時間は片道約40分。切符は約3ユーロ。
あまり知られていない小さな街ピストイア。お勧めです。



スポンサーサイト
[ 2011/01/12 00:26 ] @イタリアの中世文化 | TB(0) | CM(2)

サンタンドレア教会 in ピストイア

1100年代に建立されたロマネスク様式の
La Chiesa di S.Andrea(サンタンドレア教会)。
ピストイアにあります。


DSC03428.jpg


緑と白のダンダラ模様は、大理石で出来ています。
どこから切っても緑色。 どこから切っても白色。

大理石はトスカーナ地方で取れたもの。
だから、もちろん、資源は近場から調達したものです。


靴下の下がった広場や黒装束の君がいる板絵も、
ピストイアのもの。

そもそも、このサンタンドレア教会を訪れるために
ピストイアへ足を運んだのです。

1100年から更に時間を遡り、
600年の初期キリスト教時代に建立されたようです。

その頃はサンタンドレア、すなわち、
聖アンドレアを崇拝する傾向があったために、
この教会もこの聖人の名前が付けられている。
と説明にありました。

→ 聖アンドレアの詳細はこちらから。

600年代からある教会。ざっと1500年前? 

教会と対峙して、
なんか、自分がす~っごく、ちっぽけに感じちゃう。

しかも、小さな街ピストイアの、車が走る道路沿いに、
何でもない風に、違和感なく街の景色に溶け込んでいるのが、
いかにもイタリア的。 


DSC03434-1.jpg


ファザードの細かいところを見ていると、なんとも可愛い。

といっては失礼かもしれないが、ウマ下手絵のようなユニークさ。
なんともユーモアがあっていいじゃあないですか~。




[ 2011/01/11 04:18 ] @イタリアの中世文化 | TB(0) | CM(0)

* comittente * 依頼人

彼は依頼人。

全身を黒い装束で覆い、外から見えるのは祈る両手と目だけ。


DSC03417.jpg


お察しの通り、身元不明にするために、全身を隠しています。

なぜ?

いまに生きる私たちは、
まるで悪いことをした人のように危ぶみますが、

黒装束に覆われているのは、恩恵を施して、なにも求めない。
無償の恩恵や愛を与えるため。

だから、どこの誰だかわかないように、
自分を覆い隠しているのです。


今回登場した黒装束の君は、絵の依頼人。

依頼人は、絵のなかに、

「自分が依頼したんだよん。ほらこれが僕。」

と、絵のなかに登場することがあります。

が、黒装束の君は、どこまでも、 どこまでも、謙遜に。



DSC03416_20110107231754.jpg


堂々と大きく描かれている聖母子像とは対照的に、
ち~~っぃちゃく 両端に描かれている依頼人。

左右にいるということは、きっとご夫妻なんでしょう。

欧州の中世時代は神中心の世界。

そのため、中世スタイルの絵では、
依頼人が黒装束は纏っていなくても、
大抵、このように、メインの絵の外に小さく描かれています。

ピンク色とのコントラストといい、
ちょっとシュールで、まんがチック。

いいねえ、かわぃぃねえ。 

ルネッサンス時代になると、神中心から人間中心に置き換わり、
遠近法などが取り入れられたことによって、
いまのわたしたちの感覚に近い絵画や彫刻を見ることができるけど、

中世時代の芸術は、宗教が題材のものばかりだし、よくわかんない。
と思われるむきがありますが、ちょっと目先を変えてみると、
意外とユニークで可愛くて、面白いんですよ~。




[ 2011/01/08 00:08 ] @イタリアの中世文化 | TB(0) | CM(0)

と~ってもロマンチックな教会

立ち姿が美しい、真っ白な、
プーリャのロマネスク様式を代表する大聖堂


146-4667_IMG.jpg


この日は結婚式が行われていました。


146-4659_IMG.jpg


教会に光が差し込み、
新生活を初めるカップルを祝福しているかのよう。


DSC04354.jpg


この教会の地下はすべて地下聖堂になっていて、壮観。
ひんやり冷たく、静かで、厳かな雰囲気。


DSC04361_20100904183217.jpg


外の雑踏とは別世界。

中世時代の神中心の生活のなかで、
この空間の効果は絶大だったんじゃないかしら。


DSC04364.jpg


天井のフォルムも美しい

彩色されていない内部では、色の代わりに、
光と陰が空間を演出している、モノトーンの世界。

それがまた、シンプルで、いいんだな~


146-4662_IMG.jpg


正面には、ロマネスク様式の特徴の1つ。
動物の彫刻で装飾されています。

見上げっぱなしで、首は痛くなるけど、
1つ1つの表情が異なっていて、
見ていてまったく飽きない動物達


DSC04392.jpg


この大聖堂、どこにあるかというと、




146-4668_IMG.jpg


海のすぐ傍。

紺碧の青い海と空。 
広々とした広場に凛と立つトランニの白い大聖堂。

あまりにも美しい。

この空間演出、誰が考えたんだろう。








[ 2010/09/04 19:13 ] @イタリアの中世文化 | TB(0) | CM(0)

オルビートの大聖堂 (ウンブリア州)

長らくお待たせしてすいませ~ん。 

オルビエート最終編が遅れましたが、大聖堂のご紹介です。 こちらが大聖堂のファサード。 尖塔と三角形が特徴的な、イタリアを代表するゴシック建築の1つ。1290年に着工が開始され、完成したのは1600年代。約300年の年月がかけられています。こんな建物を目の前にすると、人の一生ってホントに「光陰矢の如し。」て感じです。

DSC07813.jpg


横から見たところ。深緑と白の大理石でお化粧されています。トスカーナ州のシエナの大聖堂もこんな風に、縞模様になっていますが、これは十字軍でエルサレルムに行ったときに、モスクなどのデザインを目にして、イタリアに帰ってきて、その模様を取り入れたと言われています。十字軍では、こんな風に他国の文化も入ってきました。

DSC07856.jpg


大聖堂のファサードにはこのように4つの像が取り付けられています。これは何かと言うと、福音書の著者、マルコ、マッテオ、ルカ、ジョヴァンニのシンボルです。時計回りに、ライオン=マルコ、ワシ=ジョアンニ、ウシ=ルカ、天使=マッテオとなります。 

イタリアに来たら、絵画、フレスコ画、像等でこれらのシンボルに遭遇すること多々あり。 ぜひ探してみて下さいね。 ちなみに福音書とは、キリストが言ったこと、行ったことを記録したものです。

Starred Photos31


さらに、この聖堂のファサードは聖書のさまざまなシーンで装飾されています。

シーンは左から右に進みます。中央は神様がアダムを誕生させています。右側は神様がアダムの脇腹に手を入れています。 さて、なにが出て来るでしょう??

DSC07832.jpg



スルスルスル~。 イヴの誕生!! 女性としては複雑な心境、です、よ、ねえ。

DSC07833.jpg


こちらはヘビにそそのかされたイヴが、アダムに禁断の実、リンゴを食べさせようとしているところ。 右側は、2人が楽園を追われているところ。

DSC07834.jpg


かと思えば、こんな風に最後の審判で地獄行きを言い渡された死者が地獄へ連行されていくシーン。

DSC07850.jpg


こちらは地獄でこらしめにあっているところ。こわっ。 

DSC07852.jpg



リアルなこの彫刻を見るだけでも、面白い。 聖堂内にはルカシニョレッリやフラアンジェリコのフレスコ画があり、こちらもかなりの見応えありです。

オルビエートは小さな街ですが、じっくり見て歩けば丸1日はかかるでしょう。 地下にはエトルリア時代の遺跡が残されているので、地下探検ツアーも面白いかも。





[ 2009/07/02 18:10 ] @イタリアの中世文化 | TB(0) | CM(0)















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。