2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

白い塊

白い四角い箱。 素材は大理石。


DSC06792.jpg


次なるものはこれ。


DSC06794.jpg



この二つで連想できるものは?








DSC06793.jpg


IGPに認定されている、ラルド・ディ・コロナータ。


豚肉の油の部分を、
粗塩、ローズマリー、黒胡椒、ハーブ類で揉んで
大理石の箱に入れて熟成させる、コロナータ村の特産。

ハーブ類等の調合は会社の極秘情報。

わたしたちが行ったお店の裏には熟成室があり、
見せてもくれますが、写真撮影は禁止です。

なので、できたものをお見せしましょう。


DSC06784.jpg


上段に並んでいるのは、22ヶ月熟成されたラード。
下段に並んでいるのは、12ヶ月熟成されたラード。

相方のお母さんの
「コロナータ村のラードが欲しいわ~。」
の鶴の一声でパスクアの日曜日に、山道をズンズン登っていってきました。

わたしも相方も、ただの付き添いで買うつもりはなかった。
(「エ~っ」 という外野の声が。)

その土地で地場産を買うとなんでもお手頃価格だけど、
ラルド・ディ・コロナータも同じ。

フィレンツェの中心街で前菜として頼んだら
10ユーロは下らないでしょう。

試食して、値段みたら、マストにゲットな気分に。


このコロナータ村の外の風景


DSC06805.jpg

DSC06816.jpg


村の奥に見える切りだった山が白くなっているけど、
雪ではありません。 

大理石!

この周辺ははるか昔から大理石のお山がいっぱい。

フィレンツェにある、ミケランジェロのダビデ像の大理石も
ここから運ばれました。

DSC06829.jpg


コロナータ村とその周辺の村民は、
大理石の採石をなりわいとした寒村でした。

当時の写真と、大理石を山から降ろす仕組みを展示。


DSC06828-1.jpg


生ハム等になる大切な豚の肉の部分を売ったあと、
自分たちの手元に残るのは、
残った豚のラード(油)部分、と豊富にある大理石。
冷蔵庫もなかった時代。

このラードをなんとか保管して
1年を通して食べれるようにならないだろうか。

塩やハーブを混ぜ合わせ、
1年中気温の一定な大理石の箱に入れて
生まれたのが、このコロナータ村のラルド。

スローフードやIGPの認定制度ができるまでは、
寒村の貴重な食べ物だったけど、
いまは一躍注目の高級食材。

いまは至る所で、ブロックのラードの塊を見かけますが、
正真正銘のラルド・ディ・コロナータには、
真空パックを剥くと、

ロゴが打ち付けられた金製の赤いタグがついています。
このタグがついていたら、本物です。

本当に小さな村だけど、新鮮な自然と空気のなか、
そぞろ歩きも楽しいです。


DSC06822.jpg


結局、我々、22ヶ月のブロックをご購入♪
今夜は薄く切って、温めたパンの上に載せて食べよう。
ふふふ


スポンサーサイト

ルッカ * 美しい教会群

前回に引き続きルッカ

塔のてっぺんに、ニョキっと木が
生えているグイニージの塔。


DSC03665_20110301232716.jpg


グイニージ公はルッカの君主。
この塔は1390年頃に建てられたそうなので、
2月に紹介したイラーリアの旦那さん、
パオロ・グイニージ公がルッカを統治していた時期。



ルッカを歩いていると、そこかしこに教会と遭遇します。

これはやはりイラーリア編のときに紹介した
ルッカのドゥオーモ、サンマルティーノ大聖堂。


DSC03681_20110301232715.jpg


こちらはサンフレディアーノ教会。
ファサードのモザイクが太陽の光を浴びて美しい。


DSC03648.jpg


内部はロマネスク様式の彫刻が多く残されていて
中世の雰囲気がいっぱい。 

さらに、こちらは、サンミケーレ・イン・フォロ教会。

フォロとは、ローマのフォロ・ロマーノのフォロと同じ意味で、
古代ローマ時代は政治や経済の中心地だったところ。

そこに大天使ミカエル(ミケーレ)を頂上に抱いた
教会が建てられたので、この名前で呼ばれています。


DSC03673.jpg


この3つの教会を見比べてみると、
どことなく、ファサードと鐘楼のつくりが似ています。

ちなみに、こちらはピサの洗礼堂、大聖堂、斜塔。


DSC02757.jpg


ルッカも、ピサも、正面玄関のある1階には大きなアーチが並んでいて、
その上の階層からは、1階のアーチをプロポーション(比率)のベースとして、
細い円柱でさらに小さなアーチで区切られいます。

白い大理石を利用しているのも、共通項。

建築スタイルは1100年~1200年代を代表する、
ロマネスク様式。 

さらに、ピサやルッカならではの装飾方法なので、
ピサ・ルッカ様式とも呼ばれています。

ちなみに、同時期のフィレンツェのロマネスク様式の教会がこれ。
ミケランジェロの丘のさらに上にある、
サンミニアート・アル・モンテ教会。


DSC07027.jpg


透かしのような細い円柱はなく、
緑と白の大理石の2色使いで、
比率の美しさを表現しています。

ルッカはピサの建築様式に強く影響を受けていますが、
フィレンツェは独自の様式美を確立しているのがわかります。

1都市の観光やそぞろ歩きも楽しいけど、
同時代の建築物を複数の都市で見比べると、

どの街がどの街に影響を受けたのか。
どう発展したのか。

などなどが分かって、結構面白い、建築探訪。



ルッカ * 円形劇場跡広場


イギリスのBBC局とガイドブック「ロンリー・プラネット」が、
ちょうど、"2011年春のベスト・シティ" に、
ルッカを紹介していました。


スクリーンショット(2011-03-01 15.22.52)

ルッカはトスカーナ地方の1都市。
いまもなお、1500年~1600年代に建てられた城壁で囲まれた街。


DSC03486_20110301232540.jpg


そして、唯一、メディチ家の紋章が見られない街でもあります。
別な側面から見ると、唯一、メディチ家が制覇できなかった強国、
それがルッカ。 

1847年にトスカーナ大公国に編成されるまで
ルッカは自治国として栄え、
イタリア統一時の1861年にルッカもイタリア国の1都市になるのです。

メディチ家にも屈しなかった私たち、ルッカ人!
と、さぞかし、いまも誇りに思っていることでしょう。

旧市街は城壁の内側にありますが、
何度行っても、地図なしでは歩けないルッカ。

フィレンツェより街は小さいのに、な~んかいつも迷ってしまう。

円形劇場跡広場へ初めて行ったとき。
なかなか見つけられなかった。

上から見下ろすと、きれいな楕円を描いている広場。
ということは、円が閉じられているということ。


Lucca.jpg
photo by wikipedia

それゆえに、広場に通じる道も、
狭い横穴のようなところを通らなければなりません。


DSC03659.jpg


ここを通ると、あら不思議。
視界が広がり、楕円形の広場の内部に出るのです。


DSC03478_20110301232541.jpg


古代ローマ時代には、いまの広場で、
さまざまな闘技が繰り広げられたのでしょう。

時間を重ねた今、昔の円形劇場は住民の住むアパートへ
すっかり姿を変えています。

建物の一階には、
いろいろなお店があってそぞろ歩きも楽しい。

外側は、こんな感じ。


DSC03662_20110301232716.jpg


円形劇場の雰囲気は、広場の内側より外側のほうが、
より感じる、不思議な造り。

まさに歴史と共存していると言える街づくり、あっぱれです。




イラーリアに会いに:ルッカ


ここはルッカのサンマルティーノ大聖堂。
通称、ルッカのドゥオーモ。


DSC03681.jpg


サンマルティーノとはマルティーノ聖人のことで、
自分のマントを貧しき人に分け与えたことから、
マント→マルティーノ と呼ばれる聖人。

ドゥオーモの正面には、聖人の偉業を讃えた
モニュメントが飾られています。


DSC03683.jpg


ぱっと見た目は、打ち首の刑にしているように見えるけど、
実は、聖人が自分のマントを剣で切って分け与えているシーン。

そして、このドゥオーモには、イラーリア公妃のお墓があります。


Quercias_grave_and_monument_at_CMArt-1.jpg


美しいイラーリア・デル・カレットは、
ルッカの君主パオロ・グイニージのところへ嫁いできましたが、
1403年に弱冠25歳の若さでこの世を去ってしまいます。

そこで、腕の良いと評判のシエナ出身の彫刻家、
ヤコポ・デラ・クエルチャにお墓を作ることを依頼したのです。

いつまでも、眠り続けるイラーリアの足下には、
彼女が可愛がっていた子犬が、ずっと見守っています。


sagrestia100_20110211223337.jpg


胸がキュンとしちゃう、ワンコの表情。
艶のある白い大理石で彫られた、気高く美しい姿のイラーリア。

時を超えて、いつまでも、いつまでも、
訪れる人を魅了しつづけています。




シエナの夜の表情

シエナ最終編は"夜"。

いまは冬時間だから、空に明かりは残っていても、
地上はとっぷりくらくなる、17時頃。


DSC02780.jpg


明かりが点々と灯りはじめ、
ウインドウショッピングを楽しんだり、
トラットリアが明るくなったり、
それぞれが、夜の支度をはじめる時間。


DSC02776.jpg


子供達は、寒いのへっちゃら。
そのまま座りこみ ぺちゃくちゃ わいわい。
カンポ広場でおしゃべりなんて、贅沢だな~。 


DSC02784.jpg


カンポ広場に堂々と立つ市庁舎。

市庁舎内にある市立美術館は必見ですよ。
良政・悪政を表現したフレスコ画が相対して描かれています。
1300年代に描かれたけど、良政・悪政は700年経ったいまも変わらず。

まあ、人間の世界ですから。 
変わらないものもあるってもんです。

ということは、もしかして、人間、進化していない !?


DSC02791.jpg


2回目にシエナへ行ったときは、カンポ広場に市が立っていました。

この日は雨が降ったりやんだり。
地面が濡れていたので、光がより艶やか。
歴史ある重厚な建物。 闇に広がる優しい光。

しばし、佇んで、美しさにため息。


DSC02848.jpg


DSC02847.jpg


前回はお化粧されていなかった市庁舎も、すっかりクリスマスモード。


DSC02851.jpg





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。