FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08








試食天国の食の祭典「テイスト」イン・フィレンツェ

3月14日(土)15日(日)16日(月)の3日間にかけてフィレンツェ中心街からバスで約10分ほどのところにある、レオポルダ駅という名の見本市会場で食の祭典「Taste(テイスト)」が催されています。今年で4回目。主催者はメンズファッションショー「Pitti Uomo(ピッティウオーモ)」などを取り仕切るPitti Immagine(ピッティイマージネ)。だから内装もお洒落。

DSC02886.jpg

この見本市のアイデアを持ちかけたのは、自称ガストロナウタの食ジャーナリスト、ダヴィデ・パオリーニ氏。ガストロナウタとは、宇宙飛行士を意味するイタリア語「アストロナウタ」をもじった当て字で「食をさまよう人」と意訳できるでしょうか。

DSC02885.jpg

イタリアは1つの国であるけど、地方によってそれぞれの食文化を持つ豊かな国。そして最近はオーガニック食に力を入れている生産者多し。このイタリア国内の異文化とオーガニック食に出会える祭典にしよう、というのがダヴィデ氏の提案であり祭典の主旨です。訪れる人はもちろん、生産者にとっても同じ意志を共有できる同業者に出会える大切な情報交換の場、そして刺激の場であるようです。

DSC02883.jpg

今回は出展170社。稀少生産をしているニッチな食材や、100%オーガニックな食材を生産している会社が選別されています。まずは入場料10ユーロを支払って館内へ。横長の会場にはブーズがぎっしりと並んでいます。さあ、どこから始めましょうか。なんてったって、ここは試食天国です。決して満腹のお腹では行かないように。

DSC02889.jpg

展示されている食材は、地方色豊かな生ハム、サラミ、チーズ、瓶詰めソース、パスタ、ワイン、チョコレート、伝統お菓子、等々、まだまだたくさんあります。

DSC02890.jpg

例えば一口に生ハムと言っても、イタリアの北と南では味が違う。塩加減が違う。豚の種類が違う。左右のブースは同じ生ハム生産者。なのに片方は滑らかで甘くて、もう片方はガツンとくる力強い味。う~ん。これほど味が違うのかと、食文化と地域性の多様さに驚くとともに奥の深さに感激。たかが食。されど食。そういう一人一人の感情を引出し、食で感動させる。それがこの祭典の主旨なんです。

DSC02892.jpg

食べてばかりだから、ここでちょっとワインを。でも今回はワイナリーは若干少なめ。5ユーロとグラスを交換。割らずに返せばこの5ユーロは戻ってくるシステム。美味しい食材に出会えたら、ショッピングコーナーで買い求めることも可能。

DSC02896.jpg

食べるのが好きな人はもちろん、食関係のビジネスに携わる人へもお勧です。なかなか市場に出回らない、地場消費の食材を生産している会社も数多く出展しているので、ニッチなものを探す良い機会でしょう。

オフィシャルサイトはここからアスセスできます。
[ 2009/03/16 00:14 ] @食とワインの見本市 | TB(0) | CM(0)

ヴェルシーリオ・ワイン品評会

前置きが長くなりましたが(笑)、そもそもヴィアレッジョに行ったのは、近くで開催されたワインの品評会へ行くため。今年で2回目らしい。規模はそれほど大きくなく、約80社のワイナリーが参加していました。それでもトスカーナ州全土を網羅していて、ブルネッロディモンタルチーノ、ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノ、キャンティ、その他、トスカーナを代表するワインがずらりと並びました。

DSC02844.jpg

わたしはスタート時間の12時に行ったので、そんなに混雑していなかったけど、ランチ後の15時くらいからすごい人。本当にすごい人。 今年の傾向として、どこの品評会へ行っても、おじさん達に混じって若者が増えています。なかなか良い傾向。

DSC02839.jpg

小規模の品評会だからブース料もそれほど高くないのか、中小規模のワイナリーもたくさん来ていて、わたしもいくつもの興味あるワイナリーに出会うことができ、収穫大。満足! テレビ局も来ていてインタビュー。

DSC02842.jpg

有名どころでは、グラッタマッコやオルネライアも参加していて、試飲は当然でしょう(笑)。 グラッタマッコは数年前に試飲したときに、私的には樽の香りがきつくてあまり好きではなかったのですが、今回は豊潤で気品があり、濃くのある美味しさ。 担当の人と話しをしたら、樽の匂いがキツいときがあり、その後に全部取り替えたそうです。わたしは、多分ちょうどそのときに試飲したんでしょうね。オルネライアはお上品で、トスカーナワインというよりは、やはりインターナショナルワインという感じ。優等生の味がしました(笑)。

DSC02840.jpg

久しぶりの試飲。入場料は1人10ユーロ。 さすがにすべては試飲できませんでしたが、50種類はいきましたねえ。それ以降は舌がマヒしてなにがなんだか分からなくなってきたから、その時点で終了。 こういう小規模でもレベルの高い品評会が、もっともっと増えてくれますように♪

[ 2009/03/14 06:19 ] @食とワインの見本市 | TB(0) | CM(0)

アレッツォ見本市

今月はアレッツォでアグリツーリズモの見本市が開催されました。トスカーナ地方を中心にイタリアの北から南まで、果てはスペイン等の欧州の国々も参加。3年前に行ったときは、あまり参加数が多くなく、う~ん今イチと感じて、行こうかどうか迷ったけど、そんな迷いは、一歩足を踏み入れて吹き飛んでしまった。良かった~来て♪

アグリツーリズムのパンフレット等が置いてあるだけと思いきや、それぞれの州が趣向を凝らし、物産品や工芸品を披露したり、できたてオリーブオイルを試飲させてくれたり、伝統食をたっぷり試食させてくれたり、500メートル歩くだけでも30分かけてしまった。

はっ!と気づいたワタシ。今回は試食とか試飲とかじゃなく、各州のアグリツーリズモで面白いのがないかなあ、良いのがないかなあ、と探しに来たことを思い出し、我に返りました。仕事しなきゃ。 


DSC00900.jpg


それにしても、イタリアはひとつの国だけど、これほどに地方色が濃いのも珍しいのでは。衣食住、そして、歴史、文化、それぞれに特色があって面白い。イタリア中を旅行しても飽きないのは、そんなところから来るんですね。

今回はそのなかでも、カラブリアのショータイムに遭遇したので、イタリアの足先、カラブリア地方にスポットライトを当てましょう。行ったときには、おじさん達が慣れない手つきでチーズやラサミを切り分けていました。このとき、すでに試食する気満々のイタリア人がこのテーブルを囲んでいましたが、わたしは背が低いのでスイスイと先へ進み、最前列をゲット。ふふ。

DSC00919_1.jpg


お腹のぽーんと出たかっぷくのいいおじさまが、きっと仕切り人でしょう。テーブルセッティングの指示を出していました。


DSC00921_1.jpg


隣では、おばさまが手作りパスタの実演をしています。こんな木製の器を使ってパスタを作っていたんですねえ。なるほど。

待ち時間を利用して、カラブリアの伝統音楽と踊りを継承している若者達のお披露目。女の子の情熱的で激しい踊りと、民族音楽が一体となり、カラブリアの風土を肌に感じるよう。とっても良かったです。その間にも着実にテーブルに隙間なくカラブリアの伝統食が並べて行く様子。 




試食タイムはすごかった。上下左右から手が伸びて来て、命からがら群衆から逃れました。もちろん、テンコ盛りの試食皿を手にして(笑)。 カラブリアはトウガラシを良く使うので辛いものが多いけど、フレッシュトマトは絶品でした。

[ 2008/11/25 03:29 ] @食とワインの見本市 | TB(0) | CM(2)

フローレンス・ワイン・イベント

9月28日(日) 天気:快晴 最高気温:約22度 最低気温:約4度

今年もやってきました。フィレンツェ中心街で行われるワイン祭り。アルノ川の向こう側、オルトラルノ地区の3つの広場を使って、トスカーナ地方のワインが試飲できます。今年は北イタリアのフリウリヴェネツィアジュリア地方からも来ていて、去年よりも規模は若干大きめ。

26、27、28日の3日間行われていて、わたしは初日に行きたかったのですが、どうしても時間の調整がつかなかったので、日曜日に行ってきました。行ったときはランチ時間ということもあり、ワイン試飲よりも食べ物屋が繁盛していてトラットリアやパニーノ屋は人がいっぱい。 

サントスピリト広場では、薪で焼いたパン、生ハムやサラミ、蜂蜜、オリーブオイルなどを直売するメルカターレという小さな市場も出ていました。これはまだ人だかりができる前のメルカターレ。30分後には屋台が見えないほどに。。

DSC00458.jpg

パニーノをほおばる人、日光浴を楽しむ人、酔っぱらっている人で、サントスピリト教会の階段はベンチと化していました。

DSC00471.jpg

サントスピリト広場を冷やかしたあとは、パッセラ広場へ。ここではオープンテラスのトラットリアが大繁盛していましたねえ。写真の奥に見えるのはワインの試飲をしている人達。

DSC00465.jpg

そして最後はメインのピッティ広場。わたしが行ったときにはまだ人もまばらでした。そうよね、みんなランチ中だもの。

DSC00467.jpg

直射日光が当たってワインが温かそう(笑)。知り合いのソムリエと話したら、そうなんだよ。参っちゃうよねえ。なんて言いながら机の下や日陰になりそうなところに、せっせと移動させていました。ピッティ宮殿の前という場所がら、外国人もいっぱい。ピッティ宮殿は無料開放だし、広場ではワイン祭りしているし、この日訪れた人はラッキー♪

DSC00468.jpg

今日は17時でおしまい。すでに用意していたボトルがなくなって引き上げたワイナリーもいたりして。「みんなありがとう。たくさんの人が来てくれたのでワインがもうなくなりました。」と書いてあります。
grazie.jpg

ランチ時間が終わり、だんだんと人が増えて来た。すごいすごい。たくさん人が押し寄せてきた。みんな赤ら顔で楽しそう。

DSC00474.jpg

午前はCorri la vita、午後はワイン祭りとピッティ宮殿。この日は久しぶりにフィレンツェ中心街で充実した日曜日を楽しみました♪ 参加した人達も、楽しそうにみんなニコニコしていて、素敵な週末をオーガナイズしてくれたフィレンツェに感謝です。
[ 2008/09/30 01:34 ] @食とワインの見本市 | TB(0) | CM(0)

グレーヴェインキャンティ試飲会

9月13日(土)  天気:雨  気温:20度くらい

今までずっと良い天気だったのに、金曜日に雷と雹が降って来てから、一挙に気温が下がり夏から初冬にワープしたみたい。寒いっ! 週末もそんな感じで雨降りでした。 

9月のトスカーナ地方は葡萄収穫の時期。あちこちでワインのイベントが開催されるけど、グレーヴェインキャンティのキャンティクラシコ試飲会もその1つ。 寒い中、雨降る中、行ってきました。 これで青空ならもっと色が綺麗なんだけど。 キャンティへ向かう途中で撮った葡萄畑。

DSC00327.jpg

今年で18回目。 毎年ながらすごい人。 イタリア人もいるけど、ドイツ人、フランス人、スペイン人、アメリカ人と、国際色が豊か。みんなグラスを片手に顔を赤くして楽しそう。グレーヴェインキャンティ町の三角形の広場いっぱいに、ワイナリーがそれぞれブースを持って、約3種類のワインから希望のものを試飲させてくれます。

DSC00343.jpg

そのほかに、今回参加したワイナリーと参加しなかった(できなかった?)ワイナリーのワイン100種類くらいをずらっと並べて、希望の番号を指定して試飲する方法もあり。

DSC00338.jpg

ブースを持っているワイナリーとは直接に会話もできて、どんな人が作っているのか知ることも出来るので、わたしはまずブースへ。何件か試してみて、今度訪れようと思ったところ2件と出会えました。まずまずの収穫でしょう。

DSC00346.jpg

さて、いざ、100種類のワインが揃っている大きなブースへ。おっ、結構人が群がっている。どのワインを試飲しようかと、リストとにらめっこしたり、周りの意見に耳をダンボにしながら、20種類は試したかな~。 でも、もう無理。 なにがなんだか分からなくなって来たので、ここで止めときましょう。

この日は天気が悪かったけど、暑すぎるとワインの気温が上がってしまって味が変るので、このくらいの気温で丁度良かったのかも。 
[ 2008/09/17 23:13 ] @食とワインの見本市 | TB(0) | CM(0)