FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08








ヴァレンタイン


今日は2月14日。
ヴァレンタイン・ディ

そして、今日は午後から職人工房見学がある。
工房にいるのは、大半が職人さんのおやじ達。

いつもお世話になっている職人さんに、
お礼をする絶好のチャンスだわ。

購入しようか、作ろうか。

迷った末に、週末は雨降りで外出しなかったこともあり、
オレンジピールの買い置きがあったこともあり、
板チョコとココアの買い置きがあったこともあり、

ビギナーズ・ラックに期待して、
よっしゃ 作ってみようか。

オレンジピールのチョコレートかけ

1本づつピールにチョコをかけるのに時間はかかったが、
手間はチョコを湯煎して、ココアをかけるだけ。


DSC00121.jpg


カカオ75%のビターなチョコと
砂糖漬けのオレンジピールの甘さが相まって
ほどよく甘く、ほんのり苦い。

試食係の相方からも、まあ美味しいんじゃない。

との感想をもらったので、一安心。

喜んでくれるといいな。 職人さん達。


DSC00125.jpg


今回見学を希望された方は20代の若い女の子お二人。
こちらは、彼女達用にちょっと甘めのラッピング。


DSC00137.jpg


ちょっと多めに用意したから、余りは相方へ。
と思ったけど、”ついで”みたい?

今夜は、これまたビギナーズ・ラックに期待して
チョコレートのスフレでも焼いてみましょうか。





フィレンツェ住宅の覗き見


なんとなしに、ぼ~っとテラスから外を眺めていたら目に留まった

最近は暖かいから、なんと、
ミモザの花が黄色く色づきはじめていました。


DSC03538.jpg


後ろに洗濯物が干してあるのも、
生活感があっていいじゃないですかぁ

フィレンツェはもとより、イタリアの街は石の街。
どこに緑があるんだろう。

フィレンツェに留学するとき、不安になったわたし。

だって、通りを歩いていると、普通にこんな風景ですもん。


DSC03830.jpg


まるで要塞のように、バーンと目の前に聳え建つアパート群。
統一された美しさはあるけど、ちょっと冷たい感じ。

でも、アパートのテラス側、いわゆる内側は、
こんな感じに緑を目にすることができて、
初め、軽いカルチャーショックを受けました。


DSC03540.jpg


この緑、公共の庭か公園 ? 

いえいえ違います。

半地下に住む住人の個人の庭です(笑)

アパートの半地下に住むと、
もれなく、都会で庭付きの家に住めることになるのです。

そして、1階以上の住人は、
半地下住人のお庭を共有させて頂くことになります。


DSC03542.jpg


個人のお庭を取り囲んでいるアパート群。
もちろん、隣や向かい側の家の様子も丸見え。

最初のミモザの花も向こう側のお家のミモザ。
勝手に眺めて、和ませてもらいました。

なんだか、かなりオープンで面白いフィレンツェのアパート事情。
住人同士が顔の見える付き合いをしている、古き良き日常。

干した洗濯物がヒラヒラと庭へ落ちると、
トントンとノックをして、落ちた洗濯物をもらいにいったり。

どこかでパーティをしていると、アパートに囲まれているために、
音が響いて騒々しいこともあるけど、

人と人って、自分の生活の快適性も大切だけど、
相手を許したり認めたり、共存することで、
繋がりができてくるのかも。

イタリア人の、ある意味での生活の豊かさって、
こんな何気ない生活から育つのかもしれません。





セールとブーツと絆創膏

フィレンツェでは1月7日からセールが始まりました!

街中は、右を向いても、左を向いても、
20、30、50%オフのショーウインドゥが、
魅惑的に人々を呼び寄せています。


DSC03564.jpg


ここはH&M。
定価が安いのに、さらに50%オフ。
5ユーロや10ユーロで、お洋服が買えちゃいます。


DSC03561.jpg


今年はど~してもロングブーツが欲しかった。

最近のロングブーツの傾向は、
160センチ以上の細身の身長で、
膝下がすっきり長い人が対象らしい。

わたし、規定外。。。

足掛け2年。
あらゆるお店を見て回り、結局、近所で見つかりました!
ああ 灯台下暗し

ナッパレザーのロングブーツ、セールで115ユーロでゲット!
柔らかくて、高さもちょうど。

仕事では3時間は歩き続けることが多々。

仕事中にトラブルが起きないように、
足慣らしのために、さっそく数時間歩いてみることに。

新しい革が足にしっくりする前に、わたしには良くありがち。
やっぱり踵が痛くなって来た。いわゆる靴擦れ。

ありがちなために、常備しているこの絆創膏。


DSC03566.jpg


普通の絆創膏よりちょっと料金高めですが、効果テキメン!
踵タイプは、5枚入りで、中心街の薬局で7.5ユーロ。

絆創膏のガーゼの部分はジェル状になっていて、若干厚みあり。
自分の肌のように、しっくり馴染み、歩いても痛みはまったくなし。

自然に剥がれるまでずっと貼っておけます。
敏感肌のわたしでも、全然大丈夫です。

旅行中に靴擦れができてしまうと、観光を楽しめないですよね。
歩くたびに、アイタタタ。

そんなとき、compeed (コンピード)、二重丸でお勧めですよ!




謹賀新年

明けましておめでとうございます。
みなさま、年末年始は、どのように過ごされましたか?

年末年始のフィレンツェは久しぶりの快晴で、
中心街はす~っごい人でした。

大晦日には、数カ所の広場でコンサートが開催され、
道という道、広場という広場が、 
人で埋め尽くされたフィレンツェです。


125117950-4dab7652-2730-45eb-b3fc-888c51246faf.jpg


普段なら人混みを避けたい私ですが、
大晦日のイベントはわたしも参加する!

意気込んでいたのに、夕食を済ませた頃になると、
ずっとお仕事だったこともあり、だんだん瞼が重くなってきた。

イベントに参加する前に、ちょっと横になろうかなあ。

そう思ったのが運の尽き。
気がついたら12時15分前 !!

まだぐーぐー寝ている相方を揺り起こし、
嗚呼、しっぽりと、家でのカウントダウンとなりました。

次回こそ、大晦日は中心街で!
そのためにも、中心街に住んでいる友人宅で晩餐会をしよう。
そうすれば、寝過ごしても大丈夫♪

翌日は、写真を見ながら、
フィレンツェの大晦日の風景を疑似体験したのでした。 


125118280-d8e3ad73-4c59-4344-b4fe-8b79323870c9.jpg

シニョーリア広場でのクラシックコンサート


125118892-fbe82c63-f761-469c-86d7-ffd350710abd.jpg

パチパチパチッ
ベッキオ宮殿を背景に花火 


125119720-3203d52f-038d-4c36-86f4-0c2ec13266ad.jpg

ドーン ドドーン
共和国広場を背景に花火


125117413-d3f2f256-f483-468b-9c8e-7a79e396a89d.jpg

3, 2, 1, ゼロ~! カウントダウン
3色タスキを掛けているのは市長レンツィ。


みなさま、今年もよろしくお願いします ♪



2011 !



DSC03171_20110101010639.jpg


日本はすでに新年を迎えましたね♪
フィレンツェはあと7時間後に新年です。

2010年はわたしのブログにお立ち寄り頂きまして
ありがとうございます。

2011年も宜しくお願いします ☆

みなさまにとって、素敵な2011年になりますように ☆☆ !