FC2ブログ
2020 081234567891011121314151617181920212223242526272829302020 10








ありがとう

原発の近くで、必死に作業を進めている方々、
ありがとう。

被災地に入り、
多くの人を助けている自衛隊や消防の方々、
ありがとう。

被災された方を支えている方々、
ありがとう。

"自分にできること"を実行している方々、
ありがとう。

情報が直接伝わりにくい、
海外にいるわたしにとって、
ツイッターで逐次流れる新鮮なつぶやきが、
精神安定剤にもなっています。
ありがとう。

いま起こっている原発はなにものか。
正確な情報が入ってこないために、
より混乱を招いているように見えます。
専門的な話を聞いても、どこかストンとこない。

会計士の言うことでさえ理解不能なわたしには、
専門的な説明はちょっと高度。
そんなわたしにでも、理解可能な解説をしてくれる、
それが、こちらです!

まずは、こちらをお読みになってから、
youtubeをご覧になられると、より理解度が高まります。
↓↓↓↓↓
うんち・おならで例える原発解説
http://togetter.com/li/111871



おなかがいたくなった原発くん




いずれも、メディアアーティストの八谷和彦さんによる解説です。
ありがとう。

この情報は、pacchorina さんのつぶやきから拾いました。
pacchorinaさん、ありがとう。



勇気

日本とイタリアの時差は8時間。
イタリアの方が、8時間遅れ。
イタリア時間の朝8時に起きると、すでに日本は夕方の4時。

朝目覚めて、すぐにすることは、手元にあるiPhoneで、
日本のニュースをチェックすること。
怖い。どんなニュースが飛び込んでくるのか、怖い。

今日は朝一番に原発のニュース。
イタリアのニュースでは、それはそれは大々的に報道している。

TOKYO や OSAKA と違って、
今回のことがない限り、ほぼ有名になることはなかった
わたしの故郷、FUKUSHIMAが、一躍有名に。。 
すっごく複雑な気分。

実家の福島県郡山市は原発から60~70キロ。
でも今朝は仕事があったので、気を取り直して仕事へ。

その後、郡山市にいる姉に電話してみるも、
いまのところ、大丈夫なようだ。

郡山の姉の住んでいる地区では、
11日から電気とガスは通常とおり。
水は、近所の方が井戸水を汲み上げているようで、
大変なのはお互い様ということで、随分助かったようです。

放射能物質も、郡山で18時~19時に測定した結果、
0,01ミリシーベルト。人体に影響のない数値です。

原発から60~70キロにある、
郡山市の情報が知りたい方は、こちらからどうぞ。 
東京にいる方も、少しは不安軽減の材料になるかも。
ニュースでは報道されにくい、現地の生の声です。

福島県郡山市災害避難救済情報
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/eq/1300172963/

さらに、原発について、
わかりやすく、丁寧に説明してくれるHPはこちら。

原発に関するQ&Aまとめ
http://smc-japan.sakura.ne.jp/?p=956


どうしても、落ち込み気味になるけど、
この状況下で、"自分にできること"を、探し行動に移している、
たくさんの日本人がいるのに、勇気づけられます。

すでに、ご覧になられた方もいると思いますが、
こんな、素敵にがんばっている方々に感謝!

ガンダムのイラスト、大河原邦男氏

Rocketnews24_80655.jpg


東大に貼られていた募集広告

258089302.jpg


なんか、ちょっと元気がでた。

そんな、"ちょっと"が大切!




天災

前回のブログでテイストの続編をお伝えすると書きましたが、
まるで遠い昔のことのように思われます。

金曜日の朝に、早起きの相方に起こされ、
「日本で大きな地震が起きたらしい」と。

朝食そっちのけで、ネットにアクセスしてみると、
目の前に流れる映像に唖然とし、
急いで実家に連絡してみるも、当然、電話は不通。 
実家は福島県郡山市。

同日の夕方遅くに、甥がスカイプをオンにしたので、
やっと、姉家族と連絡をつけることができ、
同時に、父も元気とのこと。

室内はめちゃくちゃ。食器の8割は割れてしまったけど、
全員が無傷だったことに安堵。

朝から飲まず食わずでコンピュータの前にいたけど、
無事と知り、やっとモノが食べれるようになりました。

メールや電話などで、安否を気遣ってくださいました皆様、
ありがとうございます。わたしの家族、親戚は無事のようです。

地震、津波、原発と追い打ちをかけるように、
次から次へと難題難事が襲いかかっているのに、
なにもできない自分が歯がゆく、

と同時に、様々なところで日本を救おうと、寝る間をおしんで、
体を張って懸命に仕事をされている方々に心から感謝を致します。
そして、今回天災で亡くなった方々へ心から哀悼の意を表します。

映像を見て、twitterを読んでは、涙が出てきますが、
泣くごとに強くなろう。強くなって笑顔で前を向いて行こう。
まずは心配している周囲に、
心に余裕をもって接することができるようにしよう。

* * * * * * * * * *

すでにご存知の方も多いかと思いますが、
役に立てそうなサイトをいくつかご紹介します。

【NHKのオンタイムのニュースが見れます。iPhoneでも見れます。】
NHK地震情報

【Googleが提供するリアルタイム検索。】
キーワードを入れるとピンポイントのtwitterの声が拾えます。
リアルタイム検索

【SAVE JAPAN! 都道府県別、災害救援情報まとめサイト】
http://savejapan.simone-inc.com/

【消息情報(人を探している/消息情報を提供する)】
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja

* * * * * * * * * *

東北地方太平洋沖地震に関する義援金の寄付先一覧

【Yahoo!基金】
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

【goo募金】
http://special.goo.ne.jp/donation_earthquake/

【nifty】
http://donation.nifty.com/tokusetsu/service/tokusetsu1/

【mixi】(要ログイン)「東北地方太平洋沖地震」への義援金募集のお知らせ
http://mixi.jp/release_info.pl?mode=item&id=1284

【ぐるなび】ぐるなび緊急災害募金サイト
http://shop.gnavi.co.jp/Mall2/3549/388284.html

【24時間テレビ】東日本大地震緊急募金受け付け中
https://cr.ntv.co.jp/24htv/charity/

【JustGiving】東北地方太平洋沖地震へ緊急支援のチャレンジ
http://justgiving.jp/c/1515

【ジャパン・プラットフォーム】東北地方太平洋沖地震
http://japanplatform.org/scb/shop/shop.cgi?id=3&kid=11&



イタリア国歌

今年はイタリア統一150年。

歴史は紀元前まで遡るイタリア。
でも統一を果たしたのは1861年のこと。

それまでは、フィレンツェ、ベニス、ローマなど、
それぞれが別国として成立していたんです。

意外に新しいイタリアという国。

イタリアと一口に片付けることのできない、
地方豊かなバリエーションがイタリアという国の特色でもあるわけで、
それは、統一が遅れたことも理由の1つじゃないかしら。

150年を記念して、イタリア各地で盛大なイベントが
あっても良いと思うのですが、政治がらみもあって、
なかなか盛り上がりを見せないイタリア。

そんな2月、イタリアでは、
日本の歌謡大賞のような毎年恒例の国民的イベント、
サンレモ音楽祭が、現在1週間に渡り開催されています。

毎年な~んかワンパターンで、あまり見ない番組ですが、
ロベルト・ベニーニが出演するらしい。

ロベルト・ベニーニは、
映画「ライフ イズ ビューティフル」で有名な監督兼俳優。 

時間を見計らってチャンネルを変えてみたらドンピシャリ。
ベニーニの登場。

笑いで政治家達を風刺しする毒舌を披露したあとは、
彼の18番である、ダンテの神曲の解説のように
イタリア国歌の詩を一句ごと解説し、
そのあとに、イタリア国歌をしっとりと歌い上げました。

"しっとりと歌い上げる"という表現が陳腐に感じるほど、
心に響く彼の歌声と姿。 会場がシーンと静まりかえり、
歌い終えたあとは、スタンディングオベーション。

フィレンツェ人、ベニス人、ローマ人という地方意識ではなく、
イタリア人であることを誇りに思い、
気持ちを1つにさせてくれたベニーニ。 

いろいろと嫌なこともたくさんあるけど、
明るい太陽の日差しと、それに相対する濃い陰。
そんな濃厚なイタリア、やっぱり、好きだなあ。

ロベルト・ベニーニが歌うイタリア国歌の映像はこちらからどうぞ ↓





男と花束

今週の月曜日はヴァレンタインでしたね。
昨今の日本でも男性が女性に花束を送るのかな?

恋だの 愛だの 痴話喧嘩だの

そこいらにアモーレが充満するイタリア。

2月14日は、近所の花屋さんは朝から大繁盛。
レジから出入り口まで約5メートル。
道路にはみ出るのではないか。というくらいの長蛇の列。
すべてが イタリア オトコ。

ふ~ん と横目で見やりながら、相方にメッセージを。

"今日は花屋さんに、たくさん男の人がいるの。なぜ?"

返信:"さぁねえ 2月14日だからじゃない?"

ふん。そんな返事か。と、わたし。

仕事を終えて帰宅すると、ぷん。 と良い香り。
ちゃんとわたしのメッセージの伏線を読んでくれたみたい(笑)


DSC00148.jpg


メッセージがこなくても、プレゼントしようと思ってたよ。
とかなんとか。
あえて、受け答えはせずに、ありがたく喜びましょうっと。

黒いペーパーにはバラの香り付けがされていて、
とっても良い香り。 そして、リボンはハート柄。
甘あまになりすぎない、きれいな花束。

この日の夜は、チョコレート・スフレを焼きましたが、


DSC00152.jpg


"ふんわり" なスフレじゃなく、
"カッチリ" なミニチョコレート・ケーキに仕上がっちゃいました。

メレンゲは苦手です(涙) 
いまのところ、メレンゲを使ったお菓子は2戦2敗。
く~ッ 次回こそは!

それにしても、花屋さんから出てくる男衆と花束。
男の人が花束を手にする姿って、格好良いです。

来年は、ぜひ女性に花束を送ってみてくださいね。
と~っても喜んでくれること、間違いなし!