2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生鮮食品と飯屋組合

前回の肉祭りで、シェフが
フェラーリの黒馬のような黄色のネクタイを
していたけど、あれって?

あれって これ ↓


IMGP1723.jpg


黒馬のような動物は、実は雄ヤギ。

ヤギの角をベッコと言ったことから、
ベッカイ(Beccai)と呼ばれる組合のシンボル。

いわゆる社章、企業のシンボルです。

時は、ルネッサンス文化が幕開けするずっと前の
中世時代、1300年代に遡ります。

この時代にフィレンツェではさまざまな組合が創立され、
当時は「アルテ」と呼ばれていました。

その1つが、このベッカイ。
正式名はアルテ・デイ・ベッカイ。

どんな組合かと言うと、肉や魚の生鮮食品を
しかなる規則に基づき、ぼったくりなしで
新鮮な肉や魚を販売する組織。

たとえば
ー 販売価格の規定
ー 計りは定期的に検査され、合格したものには市の認定印あり
ー 肉は指定の屠殺場からのものであること

Desktop2.jpg

左側は牛の屠殺 右側は豚の屠殺 (Photo by wikipedia)


肉だけでなく、魚も販売し、かつ、飯屋も彼らの管轄内。

というか、肉屋で例を挙げると、
肉を販売しつつ、同時に飯屋を開き、
自分ところの肉を調理し、ワインと一緒に提供する。

ようなことをしていたらしい。

プーリャ地方では、いまでもこんな感じのお店があるけど、
フィレンツェではもうなくなっちゃった。ちょっと残念。


アルテ・デイ・ベッカイの本社はこちら。

中心街のオルサンミケーレ教会の前にあります。


DSC07018.jpg



建物の中央上部にも、社章あり。


IMGP1728.jpg



この本社は1400年代(15世紀)に建てられたもの。


IMGP1730.jpg



そして、本社の前にあるオルサンミケーレ教会の外壁には
アルテ・デイ・ベッカイの守護聖人、サンピエトロが奉られています。


肉祭りのあった5月22日(日)には、
シリョーリア広場から共和国広場へ向かう途中、
月桂樹の冠を奉納されたサンピエトロ。


IMGP1724.jpg



中世時代に生まれたアルテ・デイ・ベッカイ。

名前は変わったとはいえ、いまでもその姿勢が
生きているフィレンツェ。

観光の街フィレンツェ。
されど 
いまでもフィレンツェ人の街フィレンツェ。

歴史のなかに生きているって
なんかいいなあ。と感じさせてくれました。






スポンサーサイト

肉がテーマのイベント開催3 (肉祭り)

ヴェッキオ宮殿の500人広間
シリョーリア広場での旗手の舞

さて次なるところは


DSC08045.jpg


共和国広場。


テントのなかでは何が催されているかというと


DSC08014.jpg


焼きます 焼きます 炭火で焼きます

味付けは粗塩のみのシンプルな調理法


DSC08018.jpg


素材が命

それは、あなたの肉屋が「保証」します!


DSC08058.jpg


10分もすると

ぷ~ん 

と肉の焼ける良いにほいが漂い、

焼き上がったお肉を切り分けるシェフ。

お肉はもちろん、Tボーンステーキ。
イタリア語名、ビステッカ アラ フィオレンティーナ。

肉とくればキャンティワイン。
もちろん、ワインも大判振る舞い。

ちょうどランチ時で、群がる群がる。


DSC08031.jpg



じっと待つ 群がる集団


DSC08048.jpg


もちろんわたしも、集団のひとり。


DSC08041.jpg


まだかな~ なんて指を加えて待っていると
ぐんぐん背中を押して割り込みする輩がっ。

誰だっ?!


Desktop1.jpg


ジプシー・・・・

お恵みを~ なんて小銭を催促していたのに、
肉の匂いを嗅ぎ付け、集団のなかにダイビングしたと思われる。

大人しく待っている集団を尻目に
さっさとゲットするジプシーのおばさん。



こちらは、お肉を持ったシェフに手を差し伸べる民衆。
ぼくにも~ わたしにも~ !


DSC08055.jpg



ようやく、わたしにも順番が廻って来た!


DSC08044.jpg



こちらは相方(注:おかわりです)


DSC08064.jpg


骨をしゃぶる相方。
ああ、もう肉食って野蛮だわっ

といいつつも、
快晴の下でのお肉、美味しかったです♪

今年で2回目の新しい肉祭り。
来年の5月下旬も要チェックですよ!



IMGP1719.jpg


onore alla fiorentina !

ビステッカ アラ フィオレンティーナに乾杯!





[ 2011/06/01 22:32 ] @ 美味なるもの | TB(0) | CM(1)

肉がテーマのイベント開催2 (旗手の舞)

ヴェッキオ宮殿前のシニョーリア広場はすごい人。
ハイシーズンのフィレンツェです。

そんななか、トランペットが太鼓が、ドンドンと鳴り響く。
もちろん、なんだなんだ と人も集まる。


IMGP1683.jpg


まだ小さな子供達も立派な一員。
きっと生粋のフィレンツェ人の息子達なんでしょう。


DSC07991.jpg



イザ! かけていく旗手達。


IMGP1553.jpg


高く舞い上げられる旗。
シニョーリア広場をバックに絵になるなあ。


DSC08001.jpg



バックの写真を取る観光客、いまっぽい(笑)
いまや一家に一台のデジカメ。

手がのび~る。

神経を集中させる彼。なにをすると思いますか?


IMGP1585.jpg




じゃ~ん 4人越え~!


IMGP1643.jpg



次回は最終、「肉がテーマのイベント」の
メインイベントをお伝えします !







[ 2011/05/29 10:01 ] @食とワインの見本市 | TB(0) | CM(0)

肉がテーマのイベント開催

ここは500人広間。


IMGP1543.jpg

IMGP1525.jpg


昔はフィレンツェの国会議事堂的存在。
いまは市庁舎(市役所)のヴェッキオ宮殿内にあります。

ヴェッキオ宮殿は、500人広間を含め、
見学料を払えば誰でも見学できるけど
フィレンツェ人にとって、いまでもバリバリ現役の市庁舎。 

市庁舎であるがゆえ、いろいろな市の集まりにも利用されます。


IMGP1523_20110528014640.jpg


先週の22日も、そんな日でした。
カメラまで来て、バックには中世の装束を纏った人達が。

脇を見やると、こんな旗と垂れ幕が。


IMGP1520.jpg


なんと書かれているかというと、

ASSOCIAZIONE CUOCHI FIORENTINI

日本語訳で、フィレンツェ料理人協会。


いったいなんの集まりだったでしょうか。

ふふふ。

なにやら美味しそうな会議(?)のあとには、
ヴェッキオ宮殿の前で旗手の舞が行われました。

いったいなに? なんの会議なの !?

しばらくのご辛抱。

次回は旗手の舞の模様をお伝えしま~す。



[ 2011/05/28 01:59 ] @食とワインの見本市 | TB(0) | CM(0)

夕食会の当日

前回より、とてもご無沙汰です。

実はアマルフィ方面へ仕事も兼ねて行っていて
フィレンツェを留守にしていました。

「兼ねて」というのがミソですが(笑)

いろいろと 楽しんで リサーチしてきました。

前半は寒かったので、寒暖の差が激しくちょっと風邪も
引いちゃって、なかなかブログまで辿り着けず失礼しました。

まだ写真の整理も終わってないのですが、
追々ブログでも紹介します~。

さて、インターバルが長過ぎの続編です。
(すいません。。)



仕込みもできたし、本番がんばりましょう。

仕事を一通り終え会場に向かったときは
すでに大方の準備は終盤に。


DSC07064.jpg


各自の仕事分野を活かして、
適材適所の配置分担。

とてもイタリア人とは思えない
オーガナイズ力に驚き(失礼っ)


DSC07139.jpg



厨房で、黙々と作業を進めるイタリア人シェフ達。

かっこいいなあ

一瞬、惚れ惚れと眺めちゃいました。


DSC07116.jpg


日本人サイドもがんばりますぞ

ひたすら巻き寿司を作ってくれた佐藤さん
ご苦労さまでした


DSC07130.jpg


日本で料理人をしてて現在留学中の学生さん3人、
わたしを含めてフィレンツェ在住日本人3人、
が厨房担当。

配膳係りは発起人の日本人の友人を含めて15人。
そのほかいろいろな仕事に飛び回ってくれる人達も含め、
30人はいたんじゃないかなあ。

配膳係りも大変だけど、皿への盛りつけも大変。
なにせ250人分。 すべてが未知の世界。

料理人の人達からのアドバイスを受けながら
みんなができることを見つけて
ささっと動く、行動力。

ブラーヴィ(みんな素晴らしい!) 以外の
言葉が見つからない、見事な統率力。


DSC07323.jpg

DSC07248.jpg

DSC07216-1.jpg


どんなメニューが出たかと言うと

前菜:
巻き寿司とお寿司
トスカーナ風前菜(ハム、サラミ、クロスティーノ)

プリモ:
野菜のそぼろ煮
白豆ソースで和えたショートパスタ

セコンド:
鶏の唐揚げとインゲンのごま和え
豚肉とポテトのオーブン焼き

ドルチェ:
小豆をかけたジェラート
ヴィンサントとビスコッティ

全部で8品で一人25ユーロ。
しかもワインと水は飲み放題。

もう、大判振る舞いって感じでした~。

材料費はスポンサーの出資で賄えたので
単純に計算して25ユーロX250人。6250ユーロ。

当初の目的通りに、あしなが育英会に寄付されました。


賛同してくれたこと。

完全なボランティアでたくさんのイタリア人が協力して、
一緒にがんばれたこと。

とても嬉しい。すごく嬉しい。


そして学園祭のようで、とても楽しかった。

1つの目的に向かってがんばるエネルギーって
なんて大きくて強いんだろう。


好評だったので、次回も、、あるかな?
あって欲しいなあ~。


[ 2011/05/26 23:57 ] @ 美味なるもの | TB(0) | CM(0)















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。